2012年公式戦 試合速報

2012/09/28(金)

▼ブルージェイズ−ヤンキース (ロジャース・センター、19:07 日本時間:29日 8:07)
  123456789
ヤンキース 11
ブルージェイズ
イチロー イチロー 2番ライト先発出場 [成績]
打数 得点 安打 打点 四球 三振 打率
5 1 2 1 0 0 .282
打席別結果
打席 状況 投手 結果
第1打席1回表一死走者なしジェンキンズ(右)二ゴロ
第2打席2回表二死三塁ジェンキンズ(右)三ゴロ
第3打席5回表一死走者なしセシル(左)二ゴロ
第4打席6回表二死一、三塁フレーザー(右)左前打(打点1)
第5打席8回表一死走者なしベック(右)左翼線二塁打(三盗)(得点1)
9回裏の守備より退く
黒田博樹 黒田博樹 先発 [成績]
回数 被安 失点 自責 与四 奪三 被本 防御
5 1/3 10 2 2 2 4 1 3.34

ブルージェイズ戦の6回、マーティンの3ランにベンチでガッツポーズするヤンキース・黒田=ロジャース・センター(共同)

【投手】
(ヤ)黒田、フェルプス、ロバートソン、エップリー、ソリアーノ−マーティン
(ブ)ジェンキンズ、セシル、フレーザー、カレノ、ベック、ループ、コレッキー−アレンシビア

【責任投手】
(勝)黒田15勝11敗
(敗)ジェンキンズ3敗

【本塁打】
(ヤ)マーティン20号3ラン、チャベス15号2ラン
(ブ)ラスマス23号ソロ、リンド11号2ラン

【戦評】
 イチローは「2番・右翼」で出場し、5打数2安打1打点1盗塁だった。内容は二ゴロ、三ゴロ、二ゴロ、左前打(打点1)、左翼線二塁打で打率は2割8分2厘。九回の守備から交代した。
 黒田は先発で5回1/3を投げ、10安打2失点、2四球4三振で15勝目(11敗)を挙げた。防御率3.34。
 チームは11−4で勝った。

イチロー、守備交代に「これが楽」

ブルージェイズ戦の6回、左前に適時打を放つヤンキースのイチロー=ロジャース・センター(共同)

 ヤンキースのイチローが六回に適時打を放ち、力投していた黒田を援護した。1ボールからの外角直球を狙い澄ましたように左前に運んだ。

 出塁後、二塁上のジーターと目で合図を交わした。「お互い(第1打席から)三つを凡退して、四つ目を(ヒット)というのは知っていたから」と笑顔。ベテランの1、2番コンビがプレーオフ争いの緊張感を楽しみながらプレーしていることがうかがえるシーンだった。

 大差がついていたために、九回の守備はお役御免となった。「これが結構、楽なんですよね。(試合の)最初から休みで最後まで出なかった試合よりもずっと楽」と歓迎していた。(共同)