2012年公式戦 試合速報

2012/04/28(土)

▼ブルージェイズ−マリナーズ (ロジャース・センター、16:07 日本時間:29日 5:07)
  123456789
マリナーズ
ブルージェイズ
イチロー イチロー 3番ライト先発出場 [成績]
打数 得点 安打 打点 四球 三振 打率
4 0 2 0 0 0 .293
打席別結果
打席 状況 投手 結果
第1打席1回表二死走者なしモロー(右)遊撃内野安打
第2打席4回表先頭打者モロー(右)二ゴロ
第3打席6回表一死走者なしモロー(右)中前打
第4打席8回表一死走者なしオリバー(左)遊ゴロ
川崎宗則 川崎宗則 9回表代打で途中出場 [成績]
打数 得点 安打 打点 四球 三振 打率
0 0 0 0 1 0 .200
打席別結果
打席 状況 投手 結果
第1打席9回表先頭打者ビヤヌエバ(右)四球
岩隈久志 岩隈久志 2番手 [成績]
回数 被安 失点 自責 与四 奪三 被本 防御
1 3 4 4 1 2 1 9.00

ブルージェイズ戦の8回、エンカーナシオンに満塁本塁打を浴びたマリナーズ・岩隈=ロジャース・センター(共同)

【投手】
(マ)ミルウッド、岩隈−オリボ
(ブ)モロー、フレーザー、オリバー、ビヤヌエバ−アレンシビア

【責任投手】
(勝)モロー2勝1敗
(敗)ミルウッド2敗

【本塁打】
(マ)
(ブ)エンカーナシオン6号満塁

【戦評】
 イチローは「3番・右翼」で出場し、4打数2安打だった。内容は遊撃内野安打、二ゴロ、中前打、遊ゴロで、打率は2割9分3厘。
 川崎は九回に代打で出場し四球だった。打率は2割。
 岩隈は0−3の八回に2番手で登板して満塁本塁打を許し、1回を3安打4失点、2三振1四球。勝敗は付かず、防御率は9.00。
 チームは0−7で敗れた。

イチロー、難敵モローから2安打

ブルージェイズ戦の6回、中前打を放つマリナーズのイチロー=ロジャース・センター(共同)

 マリナーズは2009年まで在籍した速球派モローに封じられた。六回まで無得点、9三振を奪われた打線にウェッジ監督は「相手がよかった」とさばさば話した。

 イチローはその難敵から2安打。1打席目は外角高めの速球を三遊間の深い位置へ転がし、余裕で一塁に生きた。3打席目は外角低めのチェンジアップを中前に運ぶなど、しぶとい打撃で元同僚にプレッシャーをかけた。(共同)

独自の表現で稲葉を祝福

 マリナーズのイチローが日本ハムの稲葉の2000安打を独特の表現で祝った。「(稲葉さんは)ミスターいい人。本当にいい人が2000というのがひとつの歴史ではないですか」。海千山千が集うプロの世界。偉業を達成してきた先人たちはひと癖もふた癖もある者ばかりだが、稲葉は例外という意味だ。「おめでとさんです」。WBCでの同僚に親しみを込めた。

 中学、高校時代、愛知県の同じバッティングセンターで練習していた逸話がある。しかしそこで出くわしたのは「一回だけ」とか。イチローが中学3年、稲葉が愛知・中京高(現中京大中京高)に入りたてのころだ。「これが中京の4番なら僕はもっといけると思った」。率直さは嫌みにならない。イチローの祝福にはいくつもの含みがあった。(共同)