青木宣親

プロフィール

ふりがな あおき・のりちか
守備位置 外野手
出身地 宮崎県
生年月日 1982年1月5日生
身長 175cm
体重 80kg
血液型 A型
投打 右投左打
ドラフト 03年4位
甲子園 なし
出身校 日向高−早大

チーム遍歴
2004-2011 東京ヤクルトスワローズ
2012-2013 ミルウォーキー・ブルワーズ
2014 カンザスシティ・ロイヤルズ
2015 サンフランシスコ・ジャイアンツ
2016 シアトル・マリナーズ
2017-2017.07 ヒューストン・アストロズ
2017.08 トロント・ブルージェイズ
2017.09-10 ニューヨーク・メッツ
主なタイトル
最優秀新人 2005
首位打者 2005、2007、2010
最多安打 2005、2006
最高出塁率 2007、2009
最多盗塁 2006
ベストナイン 2005、2006、2007、2008、2009、2010、2011
ゴールデングラブ賞 2006、2007、2008、2009、2010、2011

通算成績
チーム 打率 試合 打数 得点 安打 本塁 打点 四球 三振 盗塁
2004 ヤクルト .200 10 15 1 3 0 0 1 6 1
2005 ヤクルト .344 144 588 100 202 3 28 37 113 29
2006 ヤクルト .321 146 599 112 192 13 62 68 78 41
2007 ヤクルト .346 143 557 114 193 20 58 80 66 17
2008 ヤクルト .347 112 444 85 154 14 64 42 47 31
2009 ヤクルト .303 142 531 87 161 16 66 75 65 18
2010 ヤクルト .358 144 583 92 209 14 63 63 61 19
2011 ヤクルト .292 144 583 73 170 4 44 51 55 8
日本通算 .329 985 3900 664 1284 84 385 417 491 164
2012 ブルワーズ .288 151 520 81 150 10 50 43 55 30
2013 ブルワーズ .286 155 597 80 171 8 37 55 40 20
2014 ロイヤルズ .285 132 491 63 140 1 43 43 49 17
2015 ジャイアンツ .287 93 355 42 102 5 26 30 25 14
2016 マリナーズ .283 118 417 63 118 4 28 34 45 7
2017 アストロズ .272 70 202 28 55 2 19 15 29 5
Bジェイズ .281 12 32 4 9 3 8 1 5 0
メッツ .284 27 102 16 29 0 8 13 10 5
米国通算 .285 758 2716 377 774 33 219 234 258 98

軌跡
年月日 詳細
1982.01.05 0 宮崎県で生まれる。
1997.04 15 宮崎県立日向高校に入学
2000.04 18 早稲田大学人間科学部スポーツ科学科に入学
2002 20 早大野球部史上初の東京六大学4連覇に貢献
2003 21 ヤクルトスワローズ(当時)にドラフト4位で入団
2004.07.09 22 フレッシュオールスターで4安打2打点を記録し、MVPを受賞
2004.07.17 22 巨人戦でプロ初出場
2004.10.06 22 阪神戦でプロ初安打
2005.04.05 23 中日戦でプロ初打点
2005.04.06 23 中日戦でプロ初本塁打
2005.07.22 23 監督推薦でオールスターに初出場
2005.10.11 23 横浜戦で、イチロー以来史上2人目、セ・リーグ初となるシーズン200安打を達成
2005 23 新人王に輝くとともに、最多安打、首位打者のタイトルを初めて獲得。ベストナインにも初選出された。
2006.03 24 WBC日本代表メンバーに初選出され、優勝に貢献
2006.11 24 日米野球の日本代表メンバーに選出され、全5試合に出場
2006 24 2年連続のオールスター出場を果たし、初のMVPを受賞。シーズンでは、2年連続の最多安打、ベストナイン選出のほか、ゴールデングラブ賞と盗塁王を初受賞
2007 25 2度目の首位打者に輝く。最高出塁率のタイトルを初めて獲得したほか、3年連続のベストナイン、2年連続のゴールデングラブ賞を受賞
2008.08 26 北京五輪代表メンバーに選出
2008 26 前年を上回る打率.347を記録。4年連続のベストナインと3年連続のゴールデングラブ賞を受賞
2009.03 27 WBC日本代表メンバーに選出され全9試合に出場。打率.324、7打点の活躍が評価され、大会のベストナインに選出
2009.07.24 27 オールスターに5年連続出場し、2度目のMVPを受賞
2009 27 5年連続3割を記録し、2度目の最高出塁率のタイトルを獲得したほか、5年連続のベストナインと4年連続のゴールデングラブ賞を受賞
2009.10 27 テレビ東京アナウンサー・大竹佐知さんとの入籍を発表
2010.09.26 28 中日戦で、プロ野球史上初となる2度目のシーズン200安打を達成
2010 28 自身の記録を更新する209安打、球団新記録の打率.358を記録し、3度目の首位打者を獲得したほか、6年連続のベストナインと5年連続のゴールデングラブ賞を受賞
2011.06.30 29 オールスターファン投票で両リーグ最多となる33万4586票を獲得し、7年連続のオールスター出場を果たす。
2011 29 リーグ4位の守備率.991、同2位の170安打を記録し、7年連続のベストナインと6年連続のゴールデングラブ賞を受賞
2011.11.10 29 ポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャー挑戦を表明
2011.12.18 29 ブルワーズが250万ドル(約1億9500万円)で落札し、独占交渉権を獲得
2012.01.17 30 ブルワーズと2年総額225万ドル(約1億7000万円)で合意
2012.04.06 30 カージナルス戦の五回に代打でメジャー初出場し、空振り三振だった。
2012.04.08 30 カージナルス戦の八回に代打で左前打を放ち、メジャー初安打をマークした。
2012.04.17 30 ドジャース戦の七回に投前スクイズを決め、メジャー初打点を挙げた。
2012.04.20 30 ロッキーズ戦の四回にランニング本塁打を放ち、メジャー初本塁打をマークした。
2012.05.23 30 ジャイアンツ戦の二回に二盗を決め、メジャー初盗塁を記録した。
2012.06.08 30 パドレス戦の五回に中堅右に二塁打を放ち、日米通算200二塁打を達成
2012.06.23 30 ホワイトソックス戦で、日米通じて初の4盗塁を記録
2012.10.02 30 パドレス戦の三回に二盗を決め、メジャー1年目で30盗塁を記録した。
2012.10.03 30 パドレス戦の三回に中前打を放ち150安打到達。最終成績は打率.288、10本塁打、30盗塁でシーズン終了
2013.04.07 31 ダイヤモンドバックス戦でメジャー初の4安打をマーク
2013.06.05 31 アスレチックス戦の五回に一塁強襲安打を放ち、日米通算1500安打を達成
2013.07.28 31 ロッキーズ戦の三回に右中間本塁打を放ち、日米通算100本塁打を達成
2013.09.18 31 カブス戦の五回に三盗を決め、2年連続20盗塁を記録
2013.09.29 31 右肩痛などで調子を落とす期間もあったが、故障者リスト入りすることなく開幕から「1番・右翼」の定位置を守り、最終成績は打率.286、8本塁打、20盗塁でシーズン終了
2013.10.08 31 全米野球記者協会ミルウォーキー支部の会員による投票で「陰のヒーロー賞」に選出
2013.10.29 31 ブルワーズとの契約を1年延長。年俸は約190万ドル(約1億9000万円)
2013.12.05 31 1対1のトレードでロイヤルズに移籍
2014.06.21 32 左脚付け根の痛みのため、メジャー3年目で初の故障者リスト(DL)入り
2014.08.14 32 アスレチックス戦の七回に決勝の2点三塁打を放ち、日米通算500打点を達成
2014.09.26 32 ホワイトソックス戦で先制三塁打を放ち、3-1で勝ったチームは29年ぶりのポストシーズン進出を決めた。
2014.09.28 32 ホワイトソックスとの最終戦で左前打を放って140安打に到達し、チームはワイルドカードゲームに進出した。最終成績は打率.285、1本塁打、17盗塁でシーズン終了
2014.09.30 32 アスレチックスとのワイルドカードゲームで九回に同点犠飛を放ち、延長十二回に9-8で逆転サヨナラ勝ちしたチームの地区シリーズ進出に貢献した。
2014.10.02 32 エンゼルスとの地区シリーズ第1戦の一回に中前打を放ち、ポストシーズン初安打をマークした。
2014.10.05 32 エンゼルスとの地区シリーズ第3戦で、六回に中前適時打を放つなど3安打をマークし、チームは29年ぶりのリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。
2014.10.15 32 オリオールズとのリーグ優勝決定シリーズ第4戦で、一回に死球で出塁して生還し、これが決勝点となって4連勝したチームは29年ぶり3度目のリーグ優勝を決めた。
2014.10.28 32 ジャイアンツとのワールドシリーズ第6戦で、二回に同シリーズ初安打となる左前適時打を放ち、10-0で大勝したロイヤルズが3勝3敗のタイに持ち込んだ。
2014.10.29 32 ジャイアンツとのワールドシリーズ第7戦で、3打数無安打に終わり、2-3で競り負けたロイヤルズは29年ぶり2度目の頂点にあと一歩届かなかった。
2014.10.30 32 フリーエージェント(FA)として公示
2015.01.19 33 ジャイアンツと1年470万ドル(約5億5000万円)で合意
2015.05.28 33 ブレーブス戦に先発し、4打数2安打でメジャー初の5試合連続複数安打をマークした。
2015.06.24 33 6月20日のドジャース戦の第1打席で右足に投球を受けて右腓骨(ひこつ)を骨折し、故障者リスト(DL)入り
2015.07.27 33 故障者リスト(DL)から復帰してブルワーズ戦に「8番・左翼」で出場し、3打数無安打だった。
2015.10.04 33 8月9日のカブス戦で頭部に死球を受け、脳振とうの症状が出た影響で、シーズン終盤は出場せずに終了した。最終成績は打率.287、5本塁打、14盗塁だった。
2015.11.04 33 ジャイアンツが契約の選択権を行使しなかったため、フリーエージェント(FA)として公示
2015.12.03 33 マリナーズと1年550万ドル(約6億8000万円)で合意
2016.06.24 34 67試合で打率2割4分5厘と低迷し、マイナー(3Aタコマ)降格。負傷以外でマイナー落ちするのはメジャー5年目で初めて
2016.07.20 34 3Aタコマで直近3試合で15打数9安打6得点と復調し、メジャー昇格
2016.08.27 34 投手陣のてこ入れと貧打解消のため、マイナー(3Aタコマ)再降格
2016.09.03 26 3Aリノ戦の七回に元ロッテの中後悠平と日米初対戦し、中飛だった。
2016.09.06 34 ベンチ入りできる選手枠が25人から40人に拡大されたことに伴い、メジャー昇格
2016.09.13 34 エンゼルス戦の二回に3号ソロを放ち、イチロー(マーリンズ)に次いで日本選手2人目となる、メジャーデビューから5年連続でシーズン100安打を達成
2016.10.02 34 最終成績は打率.283、118安打、4本塁打、7盗塁でシーズン終了
2016.11.30 34 メジャー5球団目となるアストロズと1年550万ドル(約6億3000万円)で合意
2016.12.21 34 WBC日本代表メンバーに2大会ぶり3度目の選出
2017.01.21 35 東京都府中市で野球教室を開き、地元のリトルリーグに所属する小学生と交流した。
2017.06.11 35 エンゼルス戦の六回に左前打を放ち、日本選手7人目となる日米通算2000安打を達成した。
2017.06.30 35 ヤンキース戦で4-10の九回にメジャー初登板を果たした。ヤクルト時代を通じても初めてで、1回1安打3失点、2四球だった。
2017.07.31 35 マイナー選手とともに先発左腕リリアーノとの交換トレードでブルージェイズに移籍。メジャー6年目で6球団目の所属となる。
2017.08.06 35 アストロズ戦の七回に2点本塁打を放ち、移籍後初安打をマークした。
2017.08.28 35 ブルージェイズに移籍後、インフルエンザにかかった影響もあって12試合の出場にとどまり、戦力外通告を受けた。
2017.09.02 35 メッツに移籍。2017シーズンは3球団目の所属で、メジャーでは7球団目となる。契約合意後「1番・右翼」で古巣のアストロズ戦に即先発し、七回に遊撃内野安打を放って移籍後初安打をマークした。
2017.10.01 35 最終成績は打率.277、93安打、5本塁打、10盗塁でシーズン終了
2017.10.30 35 メッツを自由契約。フリーエージェント(FA)になり、日米他球団との交渉が可能になった。