試合詳細:SANSPO.COM

2013年 ワールドシリーズ

試合速報 2013/10/31(木)

▼終了 ▼レッドソックス-カージナルス 第6戦(フェンウェイ・パーク、09:07、米東部30日20:07)
チーム名 123456789
カージナルス 0000001001
レッドソックス 00330000×6
田沢純一の顔写真 田沢純一 2番手 [成績] ▼1球速報
回数 打者 被安 奪三 四死 自責
1/3 1 0 0 0 0

打者

結果

  • 7回の投球結果
    クレイグ 1 ボール
    2 内野ゴロ
上原浩治の顔写真 上原浩治 4番手 [成績] ▼1球速報
回数 打者 被安 奪三 四死 自責
1 3 0 1 0 0

打者

結果

  • 9回の投球結果
    ジェイ 1 ストライク
    2 外野フライ
    デスカルソ 1 ボール
    2 ストライク
    3 ストライク
    4 外野フライ
    M・カーペンター 1 ストライク
    2 ボール
    3 ボール
    4 ファウル
    5 ファウル
    6 ファウル
    7 三振
【投手】
(カ)ワカ、リン、マネス、シーグリスト、マルティネス、チョート、ローゼンタル-モリーナ
(レ)ラッキー、田沢、ワークマン、上原-ロス
【責任投手】
(勝)ラッキー1勝1敗
(敗)ワカ1勝1敗
【本塁打】
ドルー1号(1)(レ)
【戦評】
 ワールドシリーズ(7回戦制)のレッドソックス(ア・リーグ優勝)-カージナルス(ナ・リーグ優勝)第6戦は、レッドソックスが6-1で勝ち、通算成績を4勝2敗とし、6年ぶり8度目のワールドチャンピオンに輝いた。本拠地ボストンで優勝を決めたのは、ベーブ・ルースが活躍した1918年以来95年ぶりだった。
 レッドソックスは三回に二死満塁からビクトリノの左越え二塁打で3点を先制。四回にはドルーのソロ本塁打、ビクトリノの左前適時打などで3点を奪った。中2日で先発のラッキーは七回途中まで投げ1失点の好投だった。
 上原は6-1の九回に4番手で登板して、1回を無安打無失点で締めた。
 田沢は6-1の七回二死満塁から2番手で登板し、4番クレイグを一ゴロに仕留めて1/3回を無安打無失点だった。
試合情報メニュー

出場選手

カージナルス
打数 安打 打点 三振 四死 犠打 盗塁 失策 併殺 残塁
36 9 1 6 1 0 0 1 0 9
打者
守備 選手名 打数 安打 打点 三振 四死 打率
(二) M・カーペンター 5 3 0 1 0 .296
(右) ベルトラン 4 1 1 0 0 .294
(左) ホリデー 3 0 0 0 1 .250
(指) クレイグ 4 2 0 0 0 .375
(捕) モリーナ 4 1 0 0 0 .304
(一) アダムズ 4 0 0 1 0 .136
(三) フリース 4 0 0 2 0 .158
(中) ジェイ 4 1 0 1 0 .167
(遊) デスカルソ 4 1 0 1 0 .100
投手
選手名 回数 打者 安打 三振 四死 自責
ワカ 3 2/3 21 5 5 5 6
リン 0/3 3 2 0 1 0
マネス 1/3 1 0 1 0 0
シーグリスト 1 1/3 5 0 1 0 0
マルティネス 1 2/3 6 1 1 0 0
チョート 0/3 1 0 0 1 0
ローゼンタル 1 4 0 1 1 0
レッドソックス
打数 安打 打点 三振 四死 犠打 盗塁 失策 併殺 残塁
33 8 6 9 8 0 0 1 1 11
打者
守備 選手名 打数 安打 打点 三振 四死 打率
(中) エルズベリー 4 2 0 1 1 .250
(二) ペドロイア 5 0 0 0 0 .208
(指) オルティス 1 0 0 1 4 .688
(一) ナポリ 5 1 1 4 0 .154
(左) ゴームズ 3 1 0 0 2 .118
(右) ビクトリノ 3 2 4 0 1 .154
(三) ボガーツ 4 0 0 1 0 .238
(遊) ドルー 4 2 1 0 0 .158
(捕) ロス 4 0 0 2 0 .188
投手
選手名 回数 打者 安打 三振 四死 自責
ラッキー 6 2/3 30 9 5 1 1
田沢 1/3 1 0 0 0 0
ワークマン 1 3 0 0 0 0
上原 1 3 0 1 0 0

データ提供:STATS LLC=共同通信社