2018.8.10 10:05

ウッズ、粘って胸なで下ろす「よく我慢できた」/全米プロ

ウッズ、粘って胸なで下ろす「よく我慢できた」/全米プロ

特集:
全米プロ選手権
タイガー・ウッズ
第1ラウンド、9番でティーショットを放つタイガー・ウッズ=ベルリーブCC(共同)

第1ラウンド、9番でティーショットを放つタイガー・ウッズ=ベルリーブCC(共同)【拡大】

 全米プロ選手権第1日(9日、米ミズーリ州セントルイス、ベルリーブCC、7316ヤード、パー70)3年ぶりの出場となったウッズは序盤にショットが乱れたが、粘ってイーブンパー。「戦いに残れた。よく我慢できた」とほっと胸をなで下ろした。

 出だしの10番(パー4)はティーショットを右ラフに打ち込みボギー。11番(パー4)は左ラフからの第2打がグリーン右手前の池に飛び込みダブルボギーと「最悪のスタート」だった。早々に汗だくとなり、同じ柄のシャツに着替えて臨んだ12番でショットを50センチにつけバーディー。これで流れが変わった。

 2オーバーで折り返し、後半は1、8番でともに2メートルのバーディーパットを沈めて大歓声を浴びた。5度目の大会制覇を狙う42歳。「メジャーの戦いは長い。後半はショットも良くなった」と満足そうだった。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第1ラウンド、10番でショットを放つタイガー・ウッズ=ベルリーブCC(ゲッティ=共同)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. ウッズ、粘って胸なで下ろす「よく我慢できた」/全米プロ