2018.8.7 05:03(1/2ページ)

比嘉4位フィニッシュ!「伸びしろ」クッキリ/米女子

比嘉4位フィニッシュ!「伸びしろ」クッキリ/米女子

海外メジャーの舞台で4日間を戦い抜いた比嘉。最後の18番ではガッツポーズで充実感を漂わせた (共同)

海外メジャーの舞台で4日間を戦い抜いた比嘉。最後の18番ではガッツポーズで充実感を漂わせた (共同)【拡大】

 全英リコー女子オープン最終日(5日、英国リザムセントアンズ・ロイヤルリザム&セントアンズGC=6585ヤード、パー72)首位に3打差の4位から出た比嘉真美子(24)=TOYO TIRES=は4バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの73とスコアを落とし、通算9アンダーで4位に終わった。2位から出たジョージア・ホール(22)=英国=が67をマークし、通算17アンダーでメジャー初優勝を果たした。岡山絵里(22)=ニトリ=は通算4オーバーの52位。

 1977年「全米女子プロ」の樋口久子以来、日本勢2人目の海外メジャー制覇は惜しくもかなわなかった。それでも比嘉は最後まで上位で戦い抜いた。

 「最終日に爆発したスコアを出さないと世界では勝てない。自分にはそれができなかった」

 3番(パー4)でグリーン左手前ラフからの第3打を寄せきれずにボギー。6番(パー5)のバーディーで取り返したが7、8番を連続ボギーで優勝戦線からは脱落した。「順位は気にせず目の前の一打に集中した」と気を引き締め直し、最終18番(パー4)で2メートルのパーパットを決めてガッツポーズ。2013年大会の7位を上回った。

 13年の国内ツアーで2勝を挙げた。だが15年は出場32試合のうち24試合で予選落ちまたは棄権。賞金シード獲得に失敗するなど、どん底も味わった。「いいときも悪いときも経験した。またこの全英に戻ってきて、過去の自分を超えられたのは感慨深い」と成長を実感。4位に入り、15位以内に与えられる来年の出場権も獲得した。

【続きを読む】

  • 最終ラウンド、ホールアウトし、笑顔で手を振る比嘉真美子。通算9アンダーで4位=ロイヤルリザム・アンド・セントアンズGC(共同)
  • 最終ラウンド、通算9アンダーの4位と健闘した比嘉真美子=ロイヤルリザム・アンド・セントアンズGC(共同)
  • 最終ラウンドを終え、記者の取材に応じる比嘉真美子。通算9アンダーの4位だった=ロイヤルリザム・アンド・セントアンズGC(共同)
  • 最終ラウンド、18番でウイニングパットを決め、観客の声援に応えるジョージア・ホール。通算17アンダーで優勝=ロイヤルリザム・アンド・セントアンズGC(共同)
  • 通算17アンダーで優勝し、トロフィーを掲げるジョージア・ホール=ロイヤルリザム・アンド・セントアンズGC(共同)
  • 最終ラウンド、7番でバンカーショットを放つ比嘉真美子。通算9アンダーで4位=ロイヤルリザム・アンド・セントアンズGC(共同)
  • 最終ラウンド、4番でアプローチショットを放つ比嘉真美子。通算9アンダーで4位=ロイヤルリザム・アンド・セントアンズGC(共同)
  • 最終ラウンド、2番でティーショットを放つジョージア・ホール。通算17アンダーで優勝=ロイヤルリザム・アンド・セントアンズGC(共同)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. 比嘉4位フィニッシュ!「伸びしろ」クッキリ/米女子