2018.6.14 17:43

日本女子が首位返り咲き、男子は4位に後退 ジュニアW杯

日本女子が首位返り咲き、男子は4位に後退 ジュニアW杯

 ゴルフのトヨタ・ジュニアワールドカップ(W杯)は14日、愛知県中京GC石野で第3ラウンドが行われ、前日2位だった日本の女子は韓国に6打差をつけ、首位に返り咲いた。男子は首位と12打差の4位に後退した。

 女子は3人のうち上位2人のスコアで競い、日本は通算14アンダーの418。西村優菜(大阪・大商大高)が68を出した。4人のうち上位3人の合計で争う男子は、スペインが通算20アンダーの619で首位。日本は通算8アンダーの631。久常涼(岡山・作陽高)が66で回った。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. 日本女子が首位返り咲き、男子は4位に後退 ジュニアW杯