2018.6.11 05:04(1/3ページ)

成田美寿々、藍の力で藍の大会“初代女王”輝いた!「光栄」/国内女子

成田美寿々、藍の力で藍の大会“初代女王”輝いた!「光栄」/国内女子

特集:
宮里藍
今季初優勝の成田(右)は大会アンバサダーの宮里藍さんと記念撮影。この瞬間を待っていた(撮影・村本聡)

今季初優勝の成田(右)は大会アンバサダーの宮里藍さんと記念撮影。この瞬間を待っていた(撮影・村本聡)【拡大】

 宮里藍サントリー・レディス最終日(10日、兵庫・六甲国際GC=6525ヤード、パー72)10位から出た成田美寿々(25)=オンワードHD=が6バーディー、ボギーなしの66で回り、通算16アンダーで今季初優勝を飾った。有村智恵(30)=日本HP=との18番パー4でのプレーオフは4ホール目のバーディーで決着。大会アンバサダーの宮里藍さん(32)の前で昨年7月以来となるツアー通算9勝目を挙げた。

【続きを読む】

  • ボールがカップに入る前に成田はガッツポーズ。プレーオフ4ホール目で優勝を決めた
  • 18番4度目のプレーオフでバーディーパットを決めて優勝し、ガッツポーズの成田美寿々=兵庫・六甲国際GC(撮影・村本聡)
  • 18番ホール、4度目のプレーオフでバーディーパットを決め、有村智恵と健闘を称え合う成田美寿々=兵庫・六甲国際GC(撮影・村本聡)
  • 成田美寿々・ツアー9勝目
  • プレーオフを制し、優勝トロフィーを手にする成田美寿々と大会アンバサダーの宮里藍=兵庫・六甲国際GC(撮影・村本聡)
  • 10番ホール、ティーショットを放つ三浦桃香=兵庫・六甲国際GC(撮影・村本聡)
  • 10番ホール、笑顔を見せる三浦桃香=兵庫・六甲国際GC(撮影・村本聡)
  • 10番ホール、三浦桃香=兵庫・六甲国際GC(撮影・村本聡)
  • 10番ホール、ティーショットを放つ三浦桃香=兵庫・六甲国際GC(撮影・村本聡)
  • 18番ホール、2度目のプレーオフでバーディーパットを外し、悔しがる有村智恵=兵庫・六甲国際GC(撮影・村本聡)
  • 4番、イーグルショットを決める安田祐香=兵庫・六甲国際GC(撮影・村本聡)
  • 4番ホール、イーグルショットを決めて笑顔を見せる安田祐香=六甲国際GC(撮影・村本聡)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. 成田美寿々、藍の力で藍の大会“初代女王”輝いた!「光栄」/国内女子