2018.6.9 05:02(1/2ページ)

プロ6年目の木下稜が通算14アンダーで初V/国内男子

プロ6年目の木下稜が通算14アンダーで初V/国内男子

大会恒例の甲冑姿で優勝を祝福された木下稜 (撮影・稲垣博昭)

大会恒例の甲冑姿で優勝を祝福された木下稜 (撮影・稲垣博昭)【拡大】

 男子ゴルフ下部ツアーAbemaTVツアーISPSハンダ・チャレンジ最終日(8日、千葉・鶴舞CC=6930ヤード、パー72)4打差の首位から出た木下稜介(26)=ハートランド=が3バーディー、3ボギーの72で回り、通算14アンダーで逃げ切ってプロ初優勝。2打差の2位には昨年覇者の松原大輔(23)=フリー、海老根文博(43)=フリー=が入った。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. プロ6年目の木下稜が通算14アンダーで初V/国内男子