2018.6.4 05:01

大山、「マスク姿で変装して」購入した“スパイダー”でバーディー量産/国内女子

大山、「マスク姿で変装して」購入した“スパイダー”でバーディー量産/国内女子

7番ホールでバーディーパットを沈め、笑顔の大山志保=新潟・ヨネックスCC(撮影・戸加里真司)

7番ホールでバーディーパットを沈め、笑顔の大山志保=新潟・ヨネックスCC(撮影・戸加里真司)【拡大】

 ヨネックスレディス最終日(3日、新潟・ヨネックスCC=6422ヤード、パー72)1打差の単独首位から出た大山志保(41)=大和ハウス工業=が7バーディー、3ボギーの68で回り、通算10アンダーで今季初優勝。2016年4月の「フジサンケイレディスクラシック」以来のツアー18勝目を挙げた。首と背中の痛みで長期離脱し、5月にツアー復帰して4戦目で涙の復活Vとなった。

 今年3月、大山が地元宮崎のゴルフショップに「マスク姿で変装して」出かけて3万円で購入したのが、2017年の海外メジャー「マスターズ」覇者のセルヒオ・ガルシア(38)=スペイン=が使用して話題になった赤いパター、通称「スパイダー」だ。「打感、食いつきの良さ、構えやすさでビビビッと来た」と5分で決めた。今大会は初日から28、27、26パット。スパイダーが大山のバーディーラッシュを“演出”した。

リーダーボードへツアー日程へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. 大山、「マスク姿で変装して」購入した“スパイダー”でバーディー量産/国内女子