2018.5.27 20:46

【三賞受賞コメント集】栃ノ心「勝って締めることができて良かった」

【三賞受賞コメント集】

栃ノ心「勝って締めることができて良かった」

表彰式に臨む直前、花道で笑顔を見せる三賞受賞者。(左から)旭大星、松鳳山、千代の国、栃ノ心=両国国技館(撮影・大橋純人)

表彰式に臨む直前、花道で笑顔を見せる三賞受賞者。(左から)旭大星、松鳳山、千代の国、栃ノ心=両国国技館(撮影・大橋純人)【拡大】

 大相撲夏場所千秋楽の27日、三賞選考委員会が開かれ、13勝2敗で場所後の大関昇進が事実上決まっている関脇栃ノ心は3度目の技能賞と6度目の敢闘賞を獲得した。敢闘賞は千秋楽の勝利が条件だった。三賞受賞は通算11度目。

 敢闘賞は西前頭11枚目で2桁勝利の千代の国が選ばれ、初の三賞受賞。北海道出身では26年ぶりの新入幕となった旭大星は千秋楽に10勝目を挙げ、初の敢闘賞に輝いた。

 殊勲賞は東前頭2枚目で千秋楽に勝ち越した松鳳山が初受賞。4日目に破った横綱鶴竜が優勝を決めた場合の条件付きだった。三賞は4度目の受賞となった。

松鳳山(殊勲)「良い相撲が取れてよかった。また頑張ろうという気になれる」

栃ノ心(敢闘、技能)「千秋楽に勝ったら次の場所につながる。勝って締めることができて良かった」

千代の国(敢闘)「正直にうれしい。上出来。真面目にやっていれば良いことがあるなあと思った」

旭大星(敢闘)「気持ちいいし、自信がつく。(新入幕での10勝に)こんなに勝てるとは思わなかった」

千秋楽結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. 【三賞受賞コメント集】栃ノ心「勝って締めることができて良かった」