2018.5.21 05:03

今季初出場のマークセンがV!強さの秘訣は「酒もたばこもやらない」/国内シニア

今季初出場のマークセンがV!強さの秘訣は「酒もたばこもやらない」/国内シニア

今季シニアツアー初出場で初優勝したマークセン

今季シニアツアー初出場で初優勝したマークセン【拡大】

 富邦仰徳シニア杯最終日(20日=日本時間20日、台湾・林口GC=6992ヤード、パー72)日本シニアツアー初の海外試合。3打差の単独首位から出たプラヤド・マークセン(52)=タイ=が4バーディー、2ボギーの70で回り、通算12アンダーで今季シニアツアー初出場で初優勝。通算9勝目を挙げた。室田淳(62)=長寿の里=が通算4アンダーで日本勢最上位の7位に入った。

 気温34度を超える台湾で、リーダーボードに「馬克森」と記された2年連続賞金王のマークセンが“1馬身差”で逃げ切った。

 「今日は1Wも良かった。2アンダーか3アンダーを出せば勝てると思っていた」

 パーキープ率がこの日は88・89%で全体2位、第1日94・44%、第2日100%でともに1位と堅実なプレーが光った。レギュラーツアーと掛け持ちしており、シニアは今季初出場。強さの秘訣(ひけつ)について「酒もたばこもやらない。一番はゴルフコースにある温泉(風呂)に入って疲れを癒やすこと」と明かした。

 次戦は「全米プロシニア」(24日開幕、米ミシガン州)で「チップショット、パッティングが米ツアーでは大事」と意欲満々。タイ出身の“シニアの絶対王者”が、米国も制覇する。(清野邦彦)

12位の羽川豊「久しぶりに日本との違いがよくわかって、たまに海外でやるのもいい」

19位の倉本昌弘「タイや韓国、米国など海外の選手も参加してくれて、台湾との友好関係も築くことができた」

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. 今季初出場のマークセンがV!強さの秘訣は「酒もたばこもやらない」/国内シニア