2018.5.18 20:17

池田、ノーボギーで3位浮上「いい位置で最終日を迎えたい」/国内男子

池田、ノーボギーで3位浮上「いい位置で最終日を迎えたい」/国内男子

18H、2打目を放つ池田勇太=小野東洋ゴルフ倶楽部(撮影・岡田茂)

18H、2打目を放つ池田勇太=小野東洋ゴルフ倶楽部(撮影・岡田茂)【拡大】

 関西オープン選手権第2日(18日・兵庫県小野東洋GC=7124ヤード、パー72)2位から出たツアー2勝の時松隆光が68で回り、67をマークしたショーン・ノリス(南アフリカ)と通算8アンダーの136で首位に並んだ。1打差の3位に池田勇太がつけた。

 池田がスコアを六つ伸ばして28位から3位に浮上した。11番(パー5)でフォローの風もあって第2打をピンそば1メートルにつけてイーグル。バーディーも四つ奪い「取りこぼしもあったが、ノーボギーがよかった」と納得顔だ。

 ツアー19勝を誇るが、今季は4月のパナソニック・オープンの14位が最高。「今は夏以降を考えていろいろ試している。上も団子状態なので、こつこつ伸ばしていい位置で最終日を迎えたい」と意気込む。

リーダーボードへツアー日程へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 池田、ノーボギーで3位浮上「いい位置で最終日を迎えたい」/国内男子