2018.5.18 19:14

時松とノリスが首位/国内男子

時松とノリスが首位/国内男子

1H、ティーショットを放つ時松隆光=小野東洋ゴルフ倶楽部(撮影・岡田茂)

1H、ティーショットを放つ時松隆光=小野東洋ゴルフ倶楽部(撮影・岡田茂)【拡大】

 関西オープン選手権第2日(18日・兵庫県小野東洋GC=7124ヤード、パー72)2位から出たツアー2勝の時松隆光が68で回り、67をマークしたショーン・ノリス(南アフリカ)と通算8アンダーの136で首位に並んだ。1打差の3位に池田勇太がつけた。

 さらに1打差の4位に前日トップの野仲茂ら3人が続いた。通算1オーバーまでの75人が決勝に進み、前週の日本プロ選手権優勝の谷口徹と石川遼は60位で辛うじて予選を通過した。(出場148選手=アマ23、曇り時々晴れ、気温24・3度、南南東の風6・6メートル、観衆2047人)

ショーン・ノリス(首位浮上)「自分でもびっくりするくらいショットとパットがかみ合った」

比嘉一貴(2位から30位に後退)「一日を通して風を読み違えたのが、スコアを落とした原因」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 1H、ティーショットを放つ津田浩平=小野東洋ゴルフ倶楽部(撮影・岡田茂)
  • 17Hでホールインワンを出した森本英明(左)と松本成太。ボールとクラブを手に笑顔=小野東洋ゴルフ倶楽部(撮影・岡田茂)
  • 18H、2打目を放つ池田勇太=小野東洋ゴルフ倶楽部(撮影・岡田茂)
  • 18H、リカバリーショットを放つ石川遼=小野東洋ゴルフ倶楽部(撮影・岡田茂)
  • 18H、バーディーを決める石川遼=小野東洋ゴルフ倶楽部(撮影・岡田茂)
  • 5H、ティーショットを放つ谷口徹=小野東洋ゴルフ倶楽部(撮影・岡田茂)
  • 5H、ティーショットを放つアマチュアの久保田皓也=小野東洋ゴルフ倶楽部(撮影・岡田茂)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 時松とノリスが首位/国内男子