2018.5.16 09:00

【プロのスゴ技】谷口徹、プレーオフ制した熟練のバンカーショット

【プロのスゴ技】

谷口徹、プレーオフ制した熟練のバンカーショット

特集:
プロのスゴ技
谷口徹のバンカーショット

谷口徹のバンカーショット【拡大】

 18番(パー5)でのプレーオフ2ホール目の第3打。28歳の藤本佳則(国際スポーツ振興協会)は、ピンから10メートルと遠いがグリーンに乗せた。対する50歳の谷口徹(フリー)はピンまで42ヤードのバンカーのふちから。足場が十分に取れず、バックスイングも芝にひっかかりそうな場所だった。

 谷口はいったん手にしたロフト角52度のウエッジを同58度に持ち替えた。「鋭角に入れないといけないので、(同52度の方は)飛びすぎるので同58度を選択した」。クラブヘッドが後方の芝に当たらないように、手首のコックをうまく使って鋭角に振り上げた。低く打ち出された球はランでピン手前約5メートルへ。このバーディーパットをねじ込んで勝負を決めた。

 終盤からどしゃ降りだったが、バンカーの砂、ライの状況、グリーンの硬さや速さなど急変したコンディションを瞬時に判断。熟練のバンカーショットはピンチをチャンスに変える一打となった。 (清野邦彦)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 【プロのスゴ技】谷口徹、プレーオフ制した熟練のバンカーショット