2018.5.12 18:29

鈴木愛、手首痛を明かす「体が本調子じゃないので気分が下がる」/国内女子

鈴木愛、手首痛を明かす「体が本調子じゃないので気分が下がる」/国内女子

10H、ティーショットを放つ鈴木愛=福岡市東区の福岡CC和白C(撮影・甘利慈)

10H、ティーショットを放つ鈴木愛=福岡市東区の福岡CC和白C(撮影・甘利慈)【拡大】

 ほけんの窓口レディース第2日(12日、福岡・福岡CC和白C=6292ヤード、パー72)大会2連覇が懸かる昨季賞金女王の鈴木愛が4バーディー、ボギーなしの68で回り、通算8アンダーの136で前日からの単独首位を守った。

 鈴木は左手首に痛みがあることを明かし「ゴルフよりも体が本調子じゃないので気分が下がる」とこぼした。

 2日連続ボギーなしの内容に「特に何も思っていない」と話したが、9番で5メートル、10番は6メートルのパーパットを沈めてしのぐなど意地は見せた。一方で最終18番は1メートルのバーディーパットが決まらず「バーディーで締めたかった」と残念そうだった。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 15H、ティーショットを放つ鈴木愛=福岡市東区の福岡CC和白C(撮影・甘利慈)
  • 15H、おどける鈴木愛=福岡市東区の福岡CC和白C(撮影・甘利慈)
  • 14H、バンカーからのチップインバーディーを決める鈴木愛=福岡市東区の福岡CC和白C(撮影・甘利慈)
  • 14H、バンカーからのチップインバーディーを決める鈴木愛=福岡市東区の福岡CC和白C(撮影・甘利慈)
  • 14H、バンカーからのチップインバーディーを決めた鈴木愛=福岡市東区の福岡CC和白C(撮影・甘利慈)
  • 18番、パットを放つ鈴木愛=福岡・福岡CC和白C(撮影・甘利慈)
  • 18番、グリーンでラインを読む鈴木愛=福岡・福岡CC和白C(撮影・甘利慈)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. 鈴木愛、手首痛を明かす「体が本調子じゃないので気分が下がる」/国内女子