2018.5.12 05:02

女王の安定感!鈴木愛、連覇へ単独首位発進「ボチボチかな」/国内女子

女王の安定感!鈴木愛、連覇へ単独首位発進「ボチボチかな」/国内女子

3番、ティーショットを放つ鈴木愛=福岡・福岡CC和白C(撮影・甘利慈)

3番、ティーショットを放つ鈴木愛=福岡・福岡CC和白C(撮影・甘利慈)【拡大】

 ほけんの窓口レディース第1日(11日、福岡・福岡CC和白C=6292ヤード、パー72)昨季賞金女王の鈴木愛(24)=セールスフォース=が4バーディー、ボギーなしの68で回り、4アンダーで単独首位。大会連覇に向けて好スタートを切った。昨年のプロテストでトップ合格した松田鈴英(20)=ニトリ=は3アンダーで2位。今季日本ツアー2試合目のアン・シネ(27)=韓国=はイーブンパーで30位発進となった。

 大会連覇を狙う鈴木は古傷の左膝をテーピングしながらプレーした。「状態がよくないので、これ以上悪くならないように予防している」。それでも、1番パー5で第3打を1・5メートルにつけるなど4バーディーでボギーなし。6番パー4ではチップインバーディーを奪った。「ラッキーもあった。ボギーを打たなかったのでボチボチかな」。昨季賞金女王の安定感が光った。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 3番、ティーショットを放つ鈴木愛=福岡・福岡CC和白C(撮影・甘利慈)
  • ティーショットを放つアン・シネ=福岡CC(撮影・甘利慈)
  • 第1日、3アンダーで2位の上田桃子=福岡CC
  • 第1日、3アンダーで2位の松田鈴英=福岡CC
  • 3H、ティーショットを放つ横峯さくら=福岡・福岡CC和白C(撮影・甘利慈)
  • 3H、笑顔を見せる小祝さくら=福岡・福岡CC和白C(撮影・甘利慈)
  • 3H、ティーショットを放つイ・ボミ=福岡・福岡CC和白C(撮影・甘利慈)
  • 3H、ティーショットを放つ笠りつ子=福岡・福岡CC和白C(撮影・甘利慈)
  • 3H、ティーショットを放つ葭葉ルミ=福岡・福岡CC和白C(撮影・甘利慈)
  • 13H、第2打を放つ川岸史果=福岡・福岡CC和白C(撮影・甘利慈)
  • 1H、ティーショットを放ち笑顔を見せる大山志保=福岡・福岡CC和白C(撮影・甘利慈)
  • 14H、グリーンでラインを読む新垣比菜=福岡・福岡CC和白C(撮影・甘利慈)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. 女王の安定感!鈴木愛、連覇へ単独首位発進「ボチボチかな」/国内女子