2018.5.12 05:01

松田、自己最高1差2位発進!苦手コースも…「まさかこの位置に」/国内女子

松田、自己最高1差2位発進!苦手コースも…「まさかこの位置に」/国内女子

第1日、1番でティーショットを放つ松田鈴英。3アンダーで2位=福岡CC

第1日、1番でティーショットを放つ松田鈴英。3アンダーで2位=福岡CC【拡大】

 ほけんの窓口レディース第1日(11日、福岡・福岡CC和白C=6292ヤード、パー72)昨年プロテストをトップ合格した松田鈴英(れい、20)=ニトリ=が、4バーディー、1ボギーの3アンダー69で回り、首位に1打差の2位と自己最高発進した。昨季賞金女王で連覇を目指す鈴木愛(24)=セールスフォース=が4アンダー68で首位。首痛のため昨年9月以来のツアー復帰戦となった大山志保(40)=大和ハウス工業=は1アンダー71で17位につけた。

 20歳の松田が1打差の2位につけた。「このコースは苦手なので、まさか初日でこの位置にいるなんて」と目を見開いた。同組で回った実力者の上田桃子について「パーパットで時間をかけてしっかり決めるので、まねをしたい」とうなずいた。昨年7月のプロテストを1位で合格したが、ツアー優勝はまだない。「優勝は狙わない。まだ実力不足なので」と謙虚だった。

ツアー復帰を果たし、ラウンド後に涙を流した大山志保「ゴルフができることに感謝して精いっぱい頑張る」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第1日、3アンダーで2位の松田鈴英=福岡CC
  • 3H、ティーショットを放つ松田鈴英=福岡・福岡CC和白C(撮影・甘利慈)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. 松田、自己最高1差2位発進!苦手コースも…「まさかこの位置に」/国内女子