2018.5.11 12:19

小平「厳しい一日だった」 硬い表情で振り返る/米男子

小平「厳しい一日だった」 硬い表情で振り返る/米男子

18番でティーショットを放つ小平智=TPCソーグラス(共同)

18番でティーショットを放つ小平智=TPCソーグラス(共同)【拡大】

 プレーヤーズ選手権第1日(10日、米フロリダ州ポンテベドラビーチ、TPCソーグラス=7189ヤード、パー72)小平は米ツアーメンバーとしてのデビュー戦は74のオーバーパー。「厳しい一日だった」と硬い表情だった。

 奪ったバーディーは2メートル強を沈めた後半の7番(パー4)だけ。10番から出て12番(パー4)で第2打を池に入れてボギーが先行した。浮島グリーンの17番(パー3)は「緊張した」というティーショットがグリーンエッジに止まり大観衆から歓声を浴びた。

 現地入りしてから風邪気味で「体の切れがなかった」とやや体調が思わしくないが「2日目は伸ばすしかない。がんがん攻めていく」と前向きだった。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ

  • 18番でパーパットを決め、声援に応える小平智。2オーバーで95位=TPCソーグラス(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. 小平「厳しい一日だった」 硬い表情で振り返る/米男子