2018.5.6 09:49

松山は最終R進めず 「要のパットが入らないと…」/米男子

松山は最終R進めず 「要のパットが入らないと…」/米男子

特集:
松山英樹
10番でバーディーパットを外した松山英樹。通算4オーバーで最終ラウンドへ進めなかった=クウェイルホロー・クラブ(共同)

10番でバーディーパットを外した松山英樹。通算4オーバーで最終ラウンドへ進めなかった=クウェイルホロー・クラブ(共同)【拡大】

 米男子ゴルフのウェルズ・ファーゴ選手権は5日、ノースカロライナ州シャーロットのクウェイルホロー・クラブ(パー71)で第3ラウンドが行われ、松山英樹は3バーディー、4ボギーの72と伸ばせず通算4オーバー、217で76位に終わり、人数が絞られる最終ラウンドに進めなかった。

 67と伸ばしたジェーソン・デー(オーストラリア)が通算10アンダーでトップ。2打差の2位にニック・ワトニー、さらに1打差の3位にピーター・ユーライン、ブライソン・デシャンボー(いずれも米国)ら4人が並んだ。タイガー・ウッズ(米国)は68で回り、1アンダーで31位。

 通算3オーバーまでの75人が最終ラウンドに進んだ。(共同)

松山英樹の話「ショットはフェアウエーに打てたし、グリーンにも乗ったが、要のパットが入らないとこういう展開になっても仕方がない。自信を持って打てていないのが一番(の要因)。次週に向けてパットを重点的に練習したい」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 15番でティーショットを放った松山英樹。通算4オーバーで最終ラウンドへ進めなかった=クウェイルホロー・クラブ(共同)
  • 通算4オーバーでホールアウトした松山英樹。最終ランウドへは進めなかった=クウェイルホロー・クラブ(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. 松山は最終R進めず 「要のパットが入らないと…」/米男子