2018.5.5 05:02

松山、6オーバー…3ボギー&3ダボで出遅れ135位発進/米男子

松山、6オーバー…3ボギー&3ダボで出遅れ135位発進/米男子

特集:
松山英樹
フェンス近くでボールを確認する松山。この日はショットが乱れた (共同)

フェンス近くでボールを確認する松山。この日はショットが乱れた (共同)【拡大】

 米男子ゴルフ・ウェルズ・ファーゴ選手権第1日(3日、米ノースカロライナ州シャーロット、クエイルホローC=7554ヤード、パー71)4月の海外メジャー第1戦「マスターズ」以来の実戦となる松山英樹(26)=LEXUS=は3バーディー、3ボギー、3ダブルボギーの6オーバー77で、135位と大きく出遅れた。同じくタイガー・ウッズ(42)=米国=はイーブンパー71で34位。6アンダー65をマークしたジョン・ピーターソン(29)=米国=が首位に立った。

 松山はショットが荒れ、今季自己ワーストの77をたたいた。「マスターズ」後にドライバーとアイアンを替えてスイングを修正したが、11番(パー4)では左ラフから残り162ヤードの第2打を7Iでグリーンを大きく越えてOB。「ショットが思ったよりも飛んでしまって…原因は分からない」と首をひねった。それでも「ちょっとしたきっかけがあれば伸ばせる」と巻き返しを誓った。

パットがいまひとつだったタイガー・ウッズ「グリーンのスピードが遅く、最後まで合わせられなかった。これだけショットがいいなら60台は出せたはず」

リーダーボードへツアー日程へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. 松山、6オーバー…3ボギー&3ダボで出遅れ135位発進/米男子