2018.4.16 05:01

石川遼、猛追2位「これが今のベスト」/国内男子

石川遼、猛追2位「これが今のベスト」/国内男子

特集:
石川遼
最終18番、第2打をピンに寄せられず天を仰いだ石川

最終18番、第2打をピンに寄せられず天を仰いだ石川【拡大】

 東建ホームメイトカップ最終日(15日、三重・東建多度CC名古屋=7081ヤード、パー71)石川は後半の16、17番で連続バーディーを奪うなど猛追をみせたが、1打及ばず通算11アンダーの2位に終わった。「最終ホールまで分からない戦いだった。自分としては必要な時に粘れるパフォーマンスを出せたと思います」と、サバサバした表情で振り返った。

 今季から選手会長に就任し、ピンフラッグの発売や公開インタビューを行うなど精力的に活動している。「会長としては、申し訳ないですが100点です。これ以上できません」とニッコリ。「選手としても100点。これが今の自分のベスト」。今季の国内開幕戦で、選手としても会長としても好スタートを切った。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 16番でバーディーパットを決め、ガッツポーズする石川遼=東建多度CC名古屋
  • 4H、ティーショットを打つ石川遼=東建多度カントリークラブ(撮影・岩川晋也)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 石川遼、猛追2位「これが今のベスト」/国内男子