2018.2.15 15:37

古閑美保、二日酔いで最終日のラウンドに臨んだ経験を告白「動くんですよボールが」

古閑美保、二日酔いで最終日のラウンドに臨んだ経験を告白「動くんですよボールが」

古閑美保

古閑美保【拡大】

 プロゴルファーの古閑美保(35)が14日深夜放送の日本テレビ系「ナカイの窓」(水曜後11・59)に出演。「お酒大好き芸能人 第3弾」として、酒好きのタレントやアスリートが集まるなか、二日酔いで最終日に臨んだことがあると告白し「18ホールどうやって回ったかほとんど記憶がない」と振り返った。

 MCを務める元SMAPの中居正広(45)が「アスリートって(試合の前に)飲んでいいの?」と話を振ると、古閑は「競技によると思いますけど、私は飲むかな…」と告白。二日酔いでラウンドしたこともあると明かし、酒を覚えてすぐの頃に先輩のプロゴルファー、木村敏美(49)の家で行われたバーベキューに誘われて飲みすぎてしまったと語った。

 中居が「試合中の3日間は(飲んだら)ダメなんじゃない?」とたずねると、「いやいや、やっぱり先輩に誘われてるので」と参加するのは当然だったとし、「先輩も飲んでいるので、いろいろ教えてくださるじゃないですか。コースでは教えてくれないようなことを」と有意義なバーベキューだったと説明した。

 しかし、調子に乗って飲みすぎてしまったため「ボールは3個くらいに見えるし、動くんですよボールが。18ホールどうやって回ったかほとんど記憶がない」と明かすと、出演者は声をあげて驚いた。

 中居は、自身がゴルフに行くときに昼食をとりながらビールを飲むことがあると明かし「あれ、飲まないほうがいいの?」と質問。古閑は「競技ってなると、パターの手の感覚が全然違います」と、飲酒するとプレーに影響があると語った。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. 古閑美保、二日酔いで最終日のラウンドに臨んだ経験を告白「動くんですよボールが」