2018.1.16 11:00(1/3ページ)

【二十歳のころ 青木功(1)】林由郎さんを見てプロ入り決断「あんなちっちゃこいオヤジがそんなに稼げるなら…」

【二十歳のころ 青木功(1)】

林由郎さんを見てプロ入り決断「あんなちっちゃこいオヤジがそんなに稼げるなら…」

特集:
二十歳のころ
10代後半の1958年から、地元の我孫子GCで修業を始めた。ここが青木の“原点”だ (青木功ゴルフ企画提供)

10代後半の1958年から、地元の我孫子GCで修業を始めた。ここが青木の“原点”だ (青木功ゴルフ企画提供)【拡大】

 大型連載の第41回は、日本ゴルフツアー機構(JGTO)会長として日本のゴルフ界を牽引(けんいん)しているプロゴルファー、青木功(75)が登場。1964年にプロ入りして苦節7年で初優勝すると、海外でも飛躍し4大ツアーで優勝した「世界のアオキ」だ。地元の千葉・我孫子で、お金欲しさからアルバイトでキャディーに。通算85勝のゴルフ人生は、さまざまな人との出会いに支えられていた。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 【二十歳のころ 青木功(1)】林由郎さんを見てプロ入り決断「あんなちっちゃこいオヤジがそんなに稼げるなら…」