2017.11.10 19:37

小平、流れつかめず後退「自分の中ではオーバーパーを打った感じ」/国内男子

小平、流れつかめず後退「自分の中ではオーバーパーを打った感じ」/国内男子

第2日、18番で第2打を放つ小平智。通算9アンダーで3位=太平洋クラブ御殿場

第2日、18番で第2打を放つ小平智。通算9アンダーで3位=太平洋クラブ御殿場【拡大】

 三井住友VISA太平洋マスターズ第2日(10日、静岡県太平洋クラブ御殿場=7246ヤード、パー72)ともにツアー未勝利の任成宰(韓国)とスンス・ハン(米国)が通算11アンダーの133で首位に並んだ。首位から出た小平智は72と伸ばせず、時松隆光と並び2打差の3位。

 単独首位で発進した小平は、2バーディー、2ボギーと足踏みして3位に後退。「いいショットが打てず、流れがつかめぬまま一日が終わった。自分の中ではオーバーパーを打った感じ」と浮かない顔だった。

 目標としていた「1日5アンダー」「3パットしない」「ノーボギー」は全て守れなかった。それでもトップとはまだ2打差。今季2勝目に向け「またビッグスコアを出したい」と巻き返しを期した。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第2日、17番でバーディーを逃した小平智。通算9アンダーで3位=太平洋クラブ御殿場
  • 17番H、ティーショットを打つ小平智=静岡・太平洋C御殿場C(撮影・菊本和人)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 小平、流れつかめず後退「自分の中ではオーバーパーを打った感じ」/国内男子