2017.11.10 18:14

任成宰ら首位、小平、時松が2打差の3位/国内男子

任成宰ら首位、小平、時松が2打差の3位/国内男子

17番H、ティーショットを打つ小平智=静岡・太平洋C御殿場C(撮影・菊本和人)

17番H、ティーショットを打つ小平智=静岡・太平洋C御殿場C(撮影・菊本和人)【拡大】

 三井住友VISA太平洋マスターズ第2日(10日、静岡県太平洋クラブ御殿場=7246ヤード、パー72)ともにツアー未勝利の任成宰(韓国)とスンス・ハン(米国)が通算11アンダーの133で首位に並んだ。首位から出た小平智は72と伸ばせず、時松隆光と並び2打差の3位。

 星野陸也と小田孔明が通算7アンダーで6位につけた。宮里優作は10位、池田勇太は43位に後退。通算1オーバーまでの61人が決勝ラウンドに進み、石川遼は5週連続の予選落ちとなった。賞金ランキング1位のチャン・キム(米国)はスタート前に棄権。(出場81選手=アマ2、曇り、気温15.5度、南南西の風3.1メートル、観衆2604人)

任成宰(69で首位浮上)「寒くてアイアンショットがうまく打てなかった。でもパットがいい。優勝を狙いたい」

宮里優作(72で5位から10位へ後退)「パットが良くない。ティーショットもばらばら。ゴルフになっていない」

石川遼(自己ワーストの5週連続予選落ち)「練習ではいい感じで打てているのに、試合ではそれが出ない。まだ練習が足りない」

尾崎将司(9ホール終了後に棄権)「どうしても背中の痛みが取れない。反省材料はいくらでも出てくるが、それを追究する体がない」

チャン・キム(初日9位。腰痛で棄権)「疲れがたまっている。来週も出場するかどうか分からない」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 5番H、ティーショットを打つ宮里優作=静岡・太平洋C御殿場C(撮影・菊本和人)
  • 8番H、ティーショットを打つもさえない表情の石川遼=静岡・太平洋C御殿場C(撮影・菊本和人)
  • 18番H、ティーショットを打つ時松隆光=静岡・太平洋C御殿場C(撮影・菊本和人)
  • 第2日、17番でバーディーを逃した小平智。通算9アンダーで3位=太平洋クラブ御殿場
  • 第2日、18番でアプローチショットを放つ時松隆光。通算9アンダーで3位=太平洋クラブ御殿場
  • 第2日、16番でバーディーを決める宮里優作。通算6アンダーで10位=太平洋クラブ御殿場
  • 5番H、ティーショットを打つ池田勇太=静岡・太平洋C御殿場C(撮影・菊本和人)
  • 第2日、通算7アンダーで6位の星野陸也=太平洋クラブ御殿場
  • 第2日、通算7アンダーで6位の小田孔明=太平洋クラブ御殿場
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 任成宰ら首位、小平、時松が2打差の3位/国内男子