2017.11.5 18:06

フォン・シャンシャン、17番で勝負強さ発揮「自信あった」/国内女子

フォン・シャンシャン、17番で勝負強さ発揮「自信あった」/国内女子

大会2連覇を果たしたフォン・シャンシャン=太平洋クラブ美野里

大会2連覇を果たしたフォン・シャンシャン=太平洋クラブ美野里【拡大】

 TOTOジャパンクラシック最終日(5日、茨城・太平洋C美野里C=6608ヤード、パー72)首位で出たフォン・シャンシャン(中国)が6バーディー、2ボギーの68で回り通算19アンダーの197で大会2連覇を果たし、米ツアー通算8勝とした。賞金は22万5000ドル(約2475万円)。鈴木愛が2打差の2位に入り、日本ツアー賞金ランキング首位となった。

 鈴木に1打差と迫られて迎えた17番(パー5)でフォンが底力を発揮した。2オンを果たせず、グリーン手前からの寄せにも失敗し、バーディーパットは6メートル。鈴木は1メートルの好機で「入れないと追いつかれるとは思った。でも自信もあった」。強く打ち出された球は、カップを回るようにして入った。

 18番を確実にパーで収めて2連覇を達成。「ここはプレーした2度とも優勝。最高のコース」と上機嫌だった。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 最終日、17番でバーディーを奪い、声援に応えるフォン・シャンシャン。通算19アンダーで大会2連覇を果たした=太平洋クラブ美野里
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. フォン・シャンシャン、17番で勝負強さ発揮「自信あった」/国内女子