2017.11.5 05:03(1/3ページ)

鈴木愛、2差2位!逆転Vへ「手応えはつかめてきた」/国内女子

鈴木愛、2差2位!逆転Vへ「手応えはつかめてきた」/国内女子

後半に爆発した鈴木。賞金女王をめぐる争いも、いよいよ佳境を迎える (撮影・戸加里真司)

後半に爆発した鈴木。賞金女王をめぐる争いも、いよいよ佳境を迎える (撮影・戸加里真司)【拡大】

 TOTOジャパンクラシック第2日(4日、茨城・太平洋C美野里C=6608ヤード、パー72)日米ツアー共催大会。首位に並んで出た国内賞金ランキング2位の鈴木愛(23)=セールスフォース=が1イーグル、5バーディーの65で回り、通算13アンダーで2位となった。大会記録に並ぶ63をマークし、通算15アンダーで首位を守った昨年覇者のフォン・シャンシャン(28)=中国=とは2打差。逆転優勝で2011年以来の日本勢大会覇者&賞金ランク首位を狙う。

【続きを読む】

  • セカンドショットがピンそばに寄り、脚をあげて喜ぶ鈴木愛
  • 17番ホールイーグルパットを沈め、ギャラリーの拍手に応える鈴木愛=茨城・太平洋C美野里C(撮影・戸加里真司)
  • 第2日、通算9アンダーで5位の渡辺彩香=太平洋クラブ美野里
  • 第2日、通算15アンダーで首位に立ったフォン・シャンシャン=太平洋クラブ美野里
  • ティーショットを放つ上田桃子=茨城・太平洋C美野里C(撮影・戸加里真司)
  • ティーショットを放ち、セカンド地点へ向かう畑岡奈紗後方は藤田さいきと鈴木愛(右)=茨城・太平洋C美野里C(撮影・戸加里真司)
  • 同組のテレサ・ルーと一緒に談笑しながらグリーンへ向かう上田桃子(左)=茨城・太平洋C美野里C(撮影・戸加里真司)
  • ティーショット前、おにぎりを頬張る畑岡奈紗=茨城・太平洋C美野里C(撮影・戸加里真司)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. 鈴木愛、2差2位!逆転Vへ「手応えはつかめてきた」/国内女子