2017.11.4 18:21

優作の父、優さんが観戦 元気な姿で順調な回復ぶりうかがわせる「体の調子はいい」/国内男子

優作の父、優さんが観戦 元気な姿で順調な回復ぶりうかがわせる「体の調子はいい」/国内男子

 平和PGM選手権第3日(4日・沖縄県PGMリゾート=7005ヤード、パー71)宋永漢(韓国)が4バーディー、2ボギーの69で回り、通算7アンダーの206で首位に浮上した。地元沖縄出身の宮里優作は3オーバーの16位。

 宮里優作のプレーを、8月に倒れた父の優さんが前半9ホールを歩いて見守った。高低差のあるコースでしっかりとした足取りを見せ、順調な回復ぶりをうかがわせた。優さんは「体の調子はいい。大したことはないので大丈夫」と笑顔で話した。

 父が元気な姿を見せた一方で、宮里優作は地元の多くのファンを引き連れながらバーディーが一つだけと寂しい内容に終わった。「我慢大会だった。スコアが出なかったのは悔しい」と最終日の巻き返しを期した。

リーダーボードへツアー日程へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 優作の父、優さんが観戦 元気な姿で順調な回復ぶりうかがわせる「体の調子はいい」/国内男子