2017.11.3 05:01

米山、2アンダー10位発進!賞金王へ上々のスタート/国内シニア

米山、2アンダー10位発進!賞金王へ上々のスタート/国内シニア

 富士フイルム・シニア選手権第1日(2日、千葉・ザ・カントリークラブ・ジャパン=7174ヤード、パー72)賞金ランキング2位の米山剛(52)=ヨネックス=が5バーディー、3ボギーの2アンダー70で回り、同3位の室田淳(62)=長寿の里=と並び首位に3打差の10位につけた。2年連続賞金王を目指す同1位のプラヤド・マークセン(51)=タイ=は1オーバーの30位。5アンダー67をマークしたグレゴリー・マイヤー(56)=米国=が首位に立った。

 今季2勝を挙げて初のシニア賞金王を目指す米山が上々のスタートだ。

 「16、17番のボギーはもったいなかったですが、あとはすごくいいプレーができました」

 スタートの1番(パー5)で第3打をピンそば50センチにつけて幸先良く出ると、2番で4メートル、3番で9メートルを沈めて3連続バーディー発進。終盤で失速するも表情は明るい。

 後がない。賞金ランク2位の米山はトップとの差が約2038万円。今季残り3戦で、今大会は優勝1400万円と最も高額だ。米山自身も周囲からの期待を感じており、開幕前日の会見では「あまり言うタイプじゃないけど…」と控えめに優勝宣言。52歳は頂点だけを目指して戦う。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. 米山、2アンダー10位発進!賞金王へ上々のスタート/国内シニア