2017.11.2 19:24

好スタートの39歳武藤、若手躍進に刺激「黙って指をくわえてというわけにはいかない」/国内男子

好スタートの39歳武藤、若手躍進に刺激「黙って指をくわえてというわけにはいかない」/国内男子

第1日、1番でティーショットを放つ武藤俊憲。4アンダーで2位=沖縄県PGMリゾート

第1日、1番でティーショットを放つ武藤俊憲。4アンダーで2位=沖縄県PGMリゾート【拡大】

 平和PGM選手権第1日(2日、沖縄県PGMリゾート=7005ヤード、パー71)ツアー未勝利の33歳、中島徹が7バーディー、2ボギーの66をマークして首位に立った。1打差の2位に武藤俊憲、星野英正、宋永漢(韓国)、チャン・キム(米国)、マシュー・グリフィン(オーストラリア)の5人が並んだ。

 39歳のベテラン武藤がボギーなしの67と安定したプレーで、1打差の2位につけた。「いいゴルフで慌てることなくできた。我慢していたのが最後(18番)のイーグルにつながったかな」と笑顔で話した。

 前週に初優勝した小鯛竜也や時松隆光ら20代の躍進が大きな刺激になっているという。「若いのがどんどん出ているけど、このまま黙って指をくわえてというわけにはいかない」と負けん気をのぞかせた。

リーダーボードへ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 好スタートの39歳武藤、若手躍進に刺激「黙って指をくわえてというわけにはいかない」/国内男子