2017.10.30 05:02

松山、通算4オーバー50位「限界がきている」/米男子

松山、通算4オーバー50位「限界がきている」/米男子

特集:
松山英樹
最終ラウンド、6番でバンカーショットを放つ松山英樹。通算4オーバーで50位=上海・シェシャン国際GC(共同)

最終ラウンド、6番でバンカーショットを放つ松山英樹。通算4オーバーで50位=上海・シェシャン国際GC(共同)【拡大】

 HSBCチャンピオンズ最終日(29日、上海・シェシャン国際GC=7261ヤード、パー72)前年覇者の松山英樹(25)=LEXUS=は、首位に21打差の60位から出て4バーディー、4ボギーの72で回り通算4オーバー50位。8打差の4位から出たジャスティン・ローズ(37)=英国=が67をマークして通算14アンダーで逆転優勝を飾った。片岡大育(29)=Kochi黒潮CC=が通算4アンダーで日本勢最上位の15位に入った。

 連覇を目指した松山は「いい状態で来たつもりだったが、ごまかし続けた部分に限界がきているのかなと思う」と振り返った。クラブ変更も含めて試行錯誤し「今やっていることは次につながる」。次戦は今季日本ツアー初参戦となる「ダンロップフェニックス」(11月16-19日、宮崎・フェニックスCC)。これに先立ち同5日には2020年東京五輪のゴルフ会場、霞ヶ関CC(埼玉・川越市)で日米両首脳のゴルフに同伴する大役を務める。

72で回り通算4アンダーで初出場ながら15位の片岡大育「難しいコンディションでスコアを出せた。世界トッププレーヤーを間近に見て自分の足りないものが明確になった」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 最終ラウンド、6番で2打目を放った後、険しい表情を見せる松山英樹=上海・シェシャン国際GC(共同)
  • 最終ラウンド、ホールアウトし、子どもにボールをプレゼントする松山英樹=上海・シェシャン国際GC(共同)
  • 最終ラウンド、7番でバーディーを奪い、声援に応える片岡大育=上海・シェシャン国際GC(共同)
  • 最終ラウンド、10番でアプローチショットを放つ谷原秀人=上海・シェシャン国際GC(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. 松山、通算4オーバー50位「限界がきている」/米男子