2017.10.29 16:15

中島、焦って失速を反省「目の前の一打に集中できなかった」

中島、焦って失速を反省「目の前の一打に集中できなかった」

最終ラウンド、通算イーブンパーで17位の中島啓太=ウェリントン(共同)

最終ラウンド、通算イーブンパーで17位の中島啓太=ウェリントン(共同)【拡大】

 男子ゴルフのアジア・パシフィック・アマチュア選手権は29日、ニュージーランドのロイヤルウェリントンGC(6845ヤード、パー71)で最終ラウンドが行われ、7位スタートの中島啓太は74と崩れ通算イーブンパーの17位に終わった。

 首位に5打差でスタートした17歳の中島は失速した。ショットが乱れて12番から3連続ボギー、15番はダブルボギーと急降下し、優勝者とは14打差だった。折り返しで上位との差が開いていることを確認し「自分も伸ばさないといけないと思い、プレッシャーになった。目の前の一打に集中できなかった」と反省した。

 日本アマチュア選手権2位の東京・代々木高2年生。「爆発できる選手になっていかないといけない」と自らに言い聞かせるように語った。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 海外その他
  4. 中島、焦って失速を反省「目の前の一打に集中できなかった」