2017.10.27 19:32

松山、2連覇は絶望的…精彩を欠いた一日にぶぜん「大変だった」/米男子

松山、2連覇は絶望的…精彩を欠いた一日にぶぜん「大変だった」/米男子

特集:
松山英樹
第2ラウンド、12番でティーショットを放つ松山英樹。通算4オーバーの66位=●(=全の王が示)山国際GC(共同)

第2ラウンド、12番でティーショットを放つ松山英樹。通算4オーバーの66位=●(=全の王が示)山国際GC(共同)【拡大】

 男子ゴルフの世界選手権シリーズで米、欧州ツアーを兼ねるHSBCチャンピオンズは27日、上海のシェシャン国際GC(パー72)で第2ラウンドが行われ、昨年大会覇者の松山英樹は連日の74で通算4オーバー、148の66位となった。首位とは17打差。70で回った谷原秀人が2アンダーの29位に上がった。

 松山は連日の74と巻き返せず、トップとの差が大きく広がり2連覇は絶望的となった。ショット、パットともに精彩を欠いた一日に「大変だった。これだけ悪いとスコアがどうのこうのではない」とぶぜんとした表情で話した。

 前半の7番でフェアウエーからウエッジでピンを狙った第2打をグリーン左に大きく外すなど、特に持ち前のショットの悩みは深そうだ。復調の気配を問われても「明日かもしれないし、1年後かもしれない。期待してやっているが毎日この結果なので」と言うしかなかった。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第2ラウンド、18番のバンカーでボールが重なり、苦笑いを浮かべる松山英樹(右)とジョン・ラーム。下は松山のボール(左)とラームのボールが重なっている=●(=全の王が示)山国際GC(共同)
  • 第2ラウンド、10番で林の中から第3打を放ち、コースに戻る松山英樹。通算4オーバーの66位=●(=全の王が示)山国際GC(共同)
  • 第2ラウンド、14番でバンカーショットを放つ松山英樹。通算4オーバーの66位=●(=全の王が示)山国際GC(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. 松山、2連覇は絶望的…精彩を欠いた一日にぶぜん「大変だった」/米男子