2017.10.27 05:01

松山、連覇ピンチ74発進 パット不調…トップと10打差/米男子

松山、連覇ピンチ74発進 パット不調…トップと10打差/米男子

特集:
松山英樹
第1ラウンド、14番でティーショットを放つ松山英樹。2オーバーで67位=●(=全の王が示)山国際GC(共同)

第1ラウンド、14番でティーショットを放つ松山英樹。2オーバーで67位=●(=全の王が示)山国際GC(共同)【拡大】

 HSBCチャンピオンズ第1日(26日、上海・シェシャン国際GC=7261ヤード、パー72)昨年覇者の松山英樹(25)=LEXUS=は3バーディー、2ボギー、1トリプルボギーの2オーバー74で回り、首位に10打差の67位と出遅れた。日本勢は片岡大育(29)=Kochi黒潮CC=が1アンダーの31位、谷原秀人(38)=国際スポーツ振興協会=と今平周吾(25)=レオパレスリゾート グアム=はイーブンパーの48位。8アンダー64で回ったブルックス・ケプカ(27)=米国=が首位に立った。大会は予選落ちがない。

 優勝候補の筆頭に推された松山が大ブレーキ。「いいところはない。最初から最後までパットは良くなかった」。インから出て、3番(パー4)で第2打をグリーン左奥に打ち込み、4オン3パットのトリプルボギー。昨年の第1ラウンドで10バーディーを奪ったのとは好対照なスタートとなったが、「少しでもバーディーを多く取れるように頑張りたい」と残り3日で巻き返す。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第1ラウンド、14番でバーディーパットを外し、顔をしかめる松山英樹。2オーバーで67位=●(=全の王が示)山国際GC(共同)
  • 1番、ティーショットを放つ片岡大育。1アンダーで31位=●(=全の王が示)山国際GC(共同)
  • 1番、ティーショットを放つ谷原秀人。イーブンパーで48位=●(=全の王が示)山国際GC(共同)
  • 1番、第2打を放つ今平周吾。イーブンパーで48位=●(=全の王が示)山国際GC(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. 松山、連覇ピンチ74発進 パット不調…トップと10打差/米男子