2017.10.26 16:37

丸山茂樹の長男・奨王が67で4打差2位 アジア・アマ選手権

丸山茂樹の長男・奨王が67で4打差2位 アジア・アマ選手権

第1ラウンドを終え、海外メディアの取材を受ける丸山奨王(左)=ロイヤルウェリントンGC(共同)

第1ラウンドを終え、海外メディアの取材を受ける丸山奨王(左)=ロイヤルウェリントンGC(共同)【拡大】

 男子ゴルフのアジア・パシフィック・アマチュア選手権は26日、ニュージーランドのロイヤルウェリントンGC(6845ヤード、パー71)で第1ラウンドが行われ、丸山茂樹の長男で17歳の丸山奨王が6バーディー、2ボギーの67をマークして2位につけた。首位のオーストラリア選手と4打差。

 71で回った植木祥多は17位。中島啓太は72で23位、さらに1打差で塚本岳が31位となった。杉原大河と大西魁斗は76で70位と出遅れた。

 優勝者に来年のマスターズ・トーナメントと全英オープン選手権の出場資格が与えられる。

杉原大河の話「ドライバーは話にならないほど曲がり、風で距離感も合わなかった。力がないだけ。切り替えて、頑張りたい」

植木祥多の話「ショットが良くて、いいスコアが出せた。パットがもっと決まればあと二つ、三つは伸ばせたと思う。まず予選通過が目標」

大西魁斗の話「一日中うまくいかないゴルフだった。いい経験。残り3日間を頑張りたい」

塚本岳の話「(3ボギー、1ダブルボギーの)前半はばたばたして空回りしてしまった。欲を抑えてラウンドしないといけない」

  • 第1ラウンド後、記念撮影に応じる(左から)塚本岳、丸山奨王、植木祥多=ロイヤルウェリントンGC(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 海外その他
  4. 丸山茂樹の長男・奨王が67で4打差2位 アジア・アマ選手権