2017.10.13 19:31

蛭田、師匠・中嶋常幸の前で好発進「心強かった」/国内女子

蛭田、師匠・中嶋常幸の前で好発進「心強かった」/国内女子

ティーショットを放つ蛭田みな美=東急セブンハンドレッドクラブ(撮影・戸加里真司)

ティーショットを放つ蛭田みな美=東急セブンハンドレッドクラブ(撮影・戸加里真司)【拡大】

 富士通レディース第1日(13日、千葉・東急セブンハンドレッド=6662ヤード、パー72)今季2勝で賞金ランキング2位の鈴木愛が67をマークし、笠りつ子、ささきしょうこ、賞金3位のイ・ミニョン(韓国)とともに首位発進した。柏原明日架とテレサ・ルー(台湾)が1打差の5位。

 男子の中嶋常幸が雨のコースで蛭田みな美、アマチュアの長野未祈ら教え子のプレーに視線を送った。

 蛭田には前週、血流を良くしてリラックスさせるため、ショットの前に何度かジャンプするよう指示していたという。前週まで29戦中17戦で予選落ちと苦しんでいる中で、首位に3打差の8位と好スタート。「見守っていただき、心強かった」と感謝していた。

リーダーボードへ

  • ホールアウトし、握手を交わす蛭田みな美=東急セブンハンドレッドクラブ(撮影・戸加里真司)
  • 16番ホールでバーディーパットを沈め、次のホールへ向かう笠りつ子=千葉・東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(撮影・戸加里真司)
  • ティーショットを放つ柏原明日架=千葉・東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(撮影・戸加里真司)
  • ティーショットを放ち、傘を手にする笠りつ子=千葉・東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(撮影・戸加里真司)
  • ティーショットを放つアマチュアの安田祐香=千葉・東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(撮影・戸加里真司)
  • ティーショットを放つアマチュアの安田祐香=千葉・東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(撮影・戸加里真司)
  • 18番ホールパーパットを外したアマチュアの安田祐香は苦笑い=千葉・東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(撮影・戸加里真司)
  • ティーショットを放つ蛭田みな美=千葉・東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(撮影・戸加里真司)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. 蛭田、師匠・中嶋常幸の前で好発進「心強かった」/国内女子