2017.10.13 18:58

アマ女王の安田、出入りが激しい内容も「自信になった」/国内女子

アマ女王の安田、出入りが激しい内容も「自信になった」/国内女子

第1日、1アンダーで13位につけた安田祐香=東急セブンハンドレッド

第1日、1アンダーで13位につけた安田祐香=東急セブンハンドレッド【拡大】

 富士通レディース第1日(13日、千葉・東急セブンハンドレッド=6662ヤード、パー72)今季2勝で賞金ランキング2位の鈴木愛が67をマークし、笠りつ子、ささきしょうこ、賞金3位のイ・ミニョン(韓国)とともに首位発進した。6月の日本女子アマチュア選手権を制した16歳の安田祐香(兵庫・滝川二高)は71で13位につけた。

 高校2年生の安田は5番までに4バーディーを奪う快調な滑り出しだったが、10番でダブルボギーをたたくなど出入りが激しい内容となって13位。それでも「バーディーがたくさん取れて自信になった」と胸を張った。

 ツアー出場はこれが3戦目で、2週前の日本女子オープン選手権では31位だった。松山英樹を目標の選手に挙げ、高校卒業後はプロを目指す。「今から東京五輪出場は厳しいかもしれないが、世界(の舞台)に行きたい」と夢を語った。

リーダーボードへ

  • ハーフターンで休憩をとり、おにぎりを食べるアマチュアの安田祐香。手前はアマチュアの山口すず夏=東急セブンハンドレッドクラブ(撮影・戸加里真司)
  • 18番でパーパットを外し、苦笑するアマチュアの安田祐香=東急セブンハンドレッドクラブ(撮影・戸加里真司)
  • ティーショットを放つアマチュアの安田祐香=千葉・東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(撮影・戸加里真司)
  • ティーショットを放ち、傘を手にする笠りつ子=千葉・東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(撮影・戸加里真司)
  • カメラに向かって手を振る、ささきしょうこ=千葉・東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(撮影・戸加里真司)
  • 16番ホールでバーディーパットを沈め、次のホールへ向かう笠りつ子=千葉・東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(撮影・戸加里真司)
  • ホールアウトし、握手を交わす蛭田みな美=千葉・東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(撮影・戸加里真司)
  • ティーショットを放つ柏原明日架=千葉・東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(撮影・戸加里真司)
  • 同組の先週優勝した吉田弓美子とハグしてホールアウトする柏原明日架=東急セブンハンドレッドクラブ(撮影・戸加里真司)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. アマ女王の安田、出入りが激しい内容も「自信になった」/国内女子