2017.10.13 18:36

竹谷「いやー、奇跡です」 連日の好スコアに驚き/国内男子

竹谷「いやー、奇跡です」 連日の好スコアに驚き/国内男子

 日本オープン選手権第2日(13日、岐阜・岐阜関CC東C=7180ヤード、パー70)2014年大会覇者で昨季賞金王の池田勇太が6バーディー、2ボギーの66をマークし、通算7アンダーの133で首位に浮上した。3打差の2位に藤本佳則、竹谷佳孝、浅地洋佑、朴相賢(韓国)が並んだ。

 37歳の竹谷が連日の68をマークし、今季最高の2位で決勝ラウンドに進んだ。持ち前の小技でピンチを何度もしのぎ、スコアを伸ばした。「いやー、奇跡です。信じられない」と驚きの表情を浮かべた。

 2014年に国内三大大会のツアー選手権で初優勝した後は、けがに悩まされ続けて2勝目が遠い。「できることをやれれば。(決勝ラウンドは)緊張すると思うので、自分との戦いになる」と気を引き締めた。

リーダーボードへ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 竹谷「いやー、奇跡です」 連日の好スコアに驚き/国内男子