2017.10.6 05:03(1/2ページ)

久保、6アンダーで首位発進!特注パター復活で復調/国内シニア

久保、6アンダーで首位発進!特注パター復活で復調/国内シニア

単独首位に立った久保。お気に入りのパターが修理から戻り、調子を取り戻した (撮影・大橋純人)

単独首位に立った久保。お気に入りのパターが修理から戻り、調子を取り戻した (撮影・大橋純人)【拡大】

 日本プロゴルフシニア選手権 住友商事・サミットカップ第1日(5日、茨城・サミットGC=6984ヤード、パー72)今年のシニアプロ日本一を決める大会。ツアー2勝目を目指す久保勝美(55)=高根CC=が6バーディー、ボギーなしの66で回り、6アンダーで単独首位に立った。今季2勝の米山剛(52)=ヨネックス=ら2人が2打差の2位。昨年覇者でシニアの日本タイトル4連勝を狙うプラヤド・マークセン(51)=タイ=は通算3アンダーで4位につけた。

【続きを読む】

  • 初日トップの久保勝美=サミットゴルフクラブ(撮影・大橋純人)
  • 初日、6アンダーで単独トップに立った久保勝美=サミットゴルフクラブ(撮影・大橋純人)
  • 4アンダーで首位と2打差の2位となった米山剛=サミットゴルフクラブ(撮影・大橋純人)
  • 3アンダーで首位と3打差の4位となったマークセン=サミットゴルフクラブ(撮影・大橋純人)
  • 1番、ティーショットを放つ加瀬秀樹=サミットゴルフクラブ(撮影・大橋純人)
  • 1番、ティーショットを放つ羽川豊=サミットゴルフクラブ(撮影・大橋純人)
  • 1番、ティーショットを放つ尾崎健夫=サミットゴルフクラブ(撮影・大橋純人)
  • 17番、ティーショットを放つ中嶋常幸=サミットゴルフクラブ(撮影・大橋純人)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. 久保、6アンダーで首位発進!特注パター復活で復調/国内シニア