2017.10.5 17:42

久保が単独首位、2連覇狙うマークセンは4位/国内シニア

久保が単独首位、2連覇狙うマークセンは4位/国内シニア

初日トップの久保勝美=サミットゴルフクラブ(撮影・大橋純人)

初日トップの久保勝美=サミットゴルフクラブ(撮影・大橋純人)【拡大】

 ゴルフの日本プロシニア選手権住友商事サミットカップは5日、茨城県のサミットGC(6984ヤード、パー72)で第1ラウンドが行われ、久保勝美が66をマークして単独首位に立った。

 2打差の2位に米山剛と盧建順(台湾)が続き、大会2連覇を狙うプラヤド・マークセン(タイ)がさらに1打差の4位につけている。

  • 初日、6アンダーで単独トップに立った久保勝美=サミットゴルフクラブ(撮影・大橋純人)
  • 4アンダーで首位と2打差の2位となった米山剛=サミットゴルフクラブ(撮影・大橋純人)
  • 3アンダーで首位と3打差の4位となったマークセン=サミットゴルフクラブ(撮影・大橋純人)
  • 1番、ティーショットを放つ加瀬秀樹=サミットゴルフクラブ(撮影・大橋純人)
  • 1番、ティーショットを放つ羽川豊=サミットゴルフクラブ(撮影・大橋純人)
  • 1番、ティーショットを放つ尾崎健夫=サミットゴルフクラブ(撮影・大橋純人)
  • 17番、ティーショットを放つ中嶋常幸=サミットゴルフクラブ(撮影・大橋純人)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. 久保が単独首位、2連覇狙うマークセンは4位/国内シニア