2017.10.2 05:04

畑岡の父・仁一さん、娘の偉業に涙「こんな日が来るなんて…」/国内女子

畑岡の父・仁一さん、娘の偉業に涙「こんな日が来るなんて…」/国内女子

特集:
畑岡奈紗

 日本女子オープン最終日(1日、千葉・我孫子GC=6568ヤード、パー72)首位から出た畑岡奈紗(18)=森ビル=が8バーディー、1ボギーの65と伸ばし、通算20アンダーで大会2連覇を達成。1968年から4連覇、76年から2連覇した樋口久子以来40年ぶり史上2人目の快挙となった。

 畑岡の父・仁一さん(52)は「3カ月前にはこんな日が来るなんて思わなかった。信じられない」と娘の偉業に目を潤ませた。米国から帰国した畑岡を見るたびに、「ひと回り体が大きくなっていた」と明かす。「大変なプレッシャーを乗り越えるだけの精神力、たくましさが米ツアーで鍛えられた。米国で寂しい思いをしながら最後までやり抜いた、そのご褒美だと思う」と涙を流した。

リーダーボードへツアー日程へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. 畑岡の父・仁一さん、娘の偉業に涙「こんな日が来るなんて…」/国内女子