2017.10.2 05:01

6打差逆転!加瀬が通算11アンダーで3年ぶりV/国内シニア

6打差逆転!加瀬が通算11アンダーで3年ぶりV/国内シニア

KBCシニアオープンで優勝した加瀬秀樹

KBCシニアオープンで優勝した加瀬秀樹【拡大】

 セヴンヒルズカップKBCシニアオープン最終日(1日、佐賀・福岡セヴンヒルズGC=6607ヤード、パー72)首位に6打差の4位から出た加瀬秀樹(57)=アイテック=が9バーディー、ボギーなしの63で回り、通算11アンダーで逆転優勝。3年ぶりのツアー通算3勝目を挙げた。単独首位からスタートした清水洋一(54)=フリー=は通算10アンダーで2位に終わった。

 加瀬が鮮やかな逆転V。「最近、最終日が悪かったから打ち破りたいと思っていた」と2014年「ISPSフィランスロピー」以来3年ぶりの歓喜に酔いしれた。今季はパッティングが不調だったが、前々週「日本シニアオープン」から長尺パターを使用し「安心感がある」。次戦は10年にシニアツアー初優勝を飾った「日本プロシニア」(5日開幕、茨城・サミットGC)。このまま7年ぶりのシニアメジャータイトルもつかむ。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. 6打差逆転!加瀬が通算11アンダーで3年ぶりV/国内シニア