2017.10.1 14:16

松山、前半好調も16番で力尽きる…「相手の勢いにやられてしまった」/米男子

松山、前半好調も16番で力尽きる…「相手の勢いにやられてしまった」/米男子

特集:
松山英樹
第3日、フォアボールの1番でティーショットを放つ松山英樹=リバティ・ナショナルGC(共同)

第3日、フォアボールの1番でティーショットを放つ松山英樹=リバティ・ナショナルGC(共同)【拡大】

 男子ゴルフの欧州を除く世界選抜と米国選抜による団体対抗戦、プレジデンツ・カップ第3日は9月30日、ニュージャージー州ジャージーシティーのリバティ・ナショナルGCで行われ、松山英樹はジョナサン・ベガス(ベネズエラ)と組み、2人一組で良い方のスコアを採用するフォアボールでジャスティン・トーマス、ダニエル・バーガー組に3アンド2で敗れた。

 ショットを調整して臨んだ松山は前半好調で、2番から3連続で松山がホールを奪い、3アップとリードした。しかし中盤で波に乗った米国選抜が9番から3連続で奪い返して逆転。バーガーが9番でバーディーを決めると観客から大きな「USA」コールが湧き起こった。「相手の勢いにやられてしまった」と後半はチャンスにつけることができず、16番ホールで力尽きた。

 米国選抜が11ポイントをリード。世界選抜が逆転するには最終日のシングルス12試合で全勝する必要がある。「(勝利は)ほぼ絶望的になってしまった。でもシングルスでは自分のプレーができるように頑張りたい」と話した。(共同)

リーダーボードへ

  • 第3日、フォアボールの12番でティーショットを放つ松山英樹=リバティ・ナショナルGC(共同)
  • 第3日、フォアボールで敗北が決まり、米国チームのダニエル・バーガー(右)と握手する松山英樹=リバティ・ナショナルGC(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. 松山、前半好調も16番で力尽きる…「相手の勢いにやられてしまった」/米男子