2017.10.1 18:10

時松、あと一歩でV逃すも「やり切れるところはやり切った」/国内男子

時松、あと一歩でV逃すも「やり切れるところはやり切った」/国内男子

ティーショットを曲げて舌を出す、時松隆光=愛知県・三好CC(林俊志撮影)

ティーショットを曲げて舌を出す、時松隆光=愛知県・三好CC(林俊志撮影)【拡大】

 トップ杯東海クラシック最終日(1日、愛知・三好CC西C=7325ヤード・パー72)前日まで首位に並んでいた小平智が5バーディー、2ボギーの69で回り、通算14アンダーの274で今季初のツアー制覇を決め、優勝賞金2200万円を獲得した。賞金ランキングでもトップに立った。

 3位から出た時松隆光が1打差の2位に入った。

 時松はあと一歩のところで優勝を逃した。スタートは最高で2番(パー5)でバーディーを決め、3番(パー4)はイーグル。その後も2バーディーを奪い、一時首位に立つなど存在感を示した。

 ANAオープンに続き今季2度目の2位。再び優勝の好機を生かせず「やり切れるところはやり切った。3日目の17番と18番でオーバーにしてしまったのが敗因」と悔しさをにじませた。

リーダーボードへツアー日程へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 時松、あと一歩でV逃すも「やり切れるところはやり切った」/国内男子