2017.9.30 09:46

松山組は引き分け「僕のプレー次第では勝てた内容」/米男子

松山組は引き分け「僕のプレー次第では勝てた内容」/米男子

特集:
松山英樹
第2日、フォアボールの9番でティーショットを放つ松山英樹=リバティ・ナショナルGC(共同)

第2日、フォアボールの9番でティーショットを放つ松山英樹=リバティ・ナショナルGC(共同)【拡大】

 男子ゴルフの欧州を除く世界選抜と米国選抜による団体対抗戦、プレジデンツ・カップ第2日は29日、ニュージャージー州ジャージーシティーのリバティ・ナショナルGCで、2人一組で良い方のスコアを採用するフォアボール5マッチが行われ、松山英樹、アダム・ハドウィン(カナダ)組は、ジョーダン・スピース、パトリック・リード組に引き分け、0・5ポイントを獲得した。米国選抜が4勝1分けで、通算ポイントは8-2とリードを広げた。(共同)

松山英樹の話「僕のプレー次第では勝てた内容だったので、すごく悔しい。前半はいいチームワークで少し貢献できたけれど、後半はほぼアダム(ハドウィン)のスコアだったので苦しかった。でも負けなかったことは良かったと思う」

リーダーボードへ

  • 第2日、フォアボールの14番で、パーパットを決める松山英樹=リバティ・ナショナルGC(共同)
  • 第2日、フォアボールの4番で、バーディーを決め喜ぶ松山英樹(右)とアダム・ハドウィン組=リバティ・ナショナルGC(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. 松山組は引き分け「僕のプレー次第では勝てた内容」/米男子