2017.9.29 19:13

有村、伸ばして残り2日へ「ピンを攻められる調子には戻ってきている」/国内女子

有村、伸ばして残り2日へ「ピンを攻められる調子には戻ってきている」/国内女子

特集:
有村智恵
第2日、3番でギャラリーの声援に応える有村智恵。通算6アンダーで暫定3位につけた=我孫子GC

第2日、3番でギャラリーの声援に応える有村智恵。通算6アンダーで暫定3位につけた=我孫子GC【拡大】

 日本女子オープン第2日(29日、千葉・我孫子GC=6706ヤード、パー72)第1ラウンドの残りと第2ラウンドが行われたが、日没のため多くの選手が競技を終えられなかった。競技を終えた中では昨年覇者で2週連続優勝を狙う畑岡奈紗が第2ラウンドを5バーディー、1ボギーの68で回り、通算9アンダーの135で暫定首位に浮上した。

 通算7アンダーの暫定2位にアマチュアの17歳、小倉彩愛(岡山操山高)が続き、6アンダーの同3位には有村智恵がつけた。

 29歳の有村が第2ラウンドを6バーディー、1ボギーの67で回り、通算6アンダーに伸ばした。最終9番(パー4)で残り131ヤードを9番アイアンで3メートルに2オンさせるなどショットがさえ「最低限のプレーができたと思う。これを続けていかないと上位に残れない」と息をついた。

 2012年の日本女子プロ選手権などツアー通算13勝を挙げているが、主戦場を米ツアーに移した13年以降は苦戦。日本ツアーに軸を置いた今季もトップ10は一度もない。「ピンを攻められる調子には戻ってきている。あとはいかに攻めることができるか」と残り2日へ意気込んだ。

ツアー日程へ

  • 第2日、3番でティーショットを放つ有村智恵。通算6アンダーで暫定3位につけた=我孫子GC
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. 有村、伸ばして残り2日へ「ピンを攻められる調子には戻ってきている」/国内女子