2017.9.25 05:04(1/3ページ)

畑岡奈紗、藍にもらった助言胸に最年少2勝!「また米で戦う」/国内女子

畑岡奈紗、藍にもらった助言胸に最年少2勝!「また米で戦う」/国内女子

特集:
畑岡奈紗
宮里藍
最終18番をバーディー締め。プロ初優勝を果たした畑岡はガッツポーズで笑顔をみせた(撮影・土谷創造)

最終18番をバーディー締め。プロ初優勝を果たした畑岡はガッツポーズで笑顔をみせた(撮影・土谷創造)【拡大】

 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン最終日(24日、宮城・利府GC=6551ヤード、パー72)首位から出た畑岡奈紗(18)=森ビル=が8バーディー、1ボギーの65で回り、通算13アンダーでプロ転向後では初のツアー優勝。国内メジャー史上初のアマチュア優勝を達成した昨年10月の「日本女子オープン」以来の勝利を手にした。18歳254日でのツアー2勝目は、先ごろ現役を引退した宮里藍(32)=サントリー=の18歳262日を抜きツアー史上最年少記録となった。

【続きを読む】

  • 畑岡(中)は父・仁一さん(左)、母・博美さん(右)と優勝カップを手にして笑顔の花を咲かせた(撮影・土谷創造)
  • 畑岡奈紗・今季成績
  • 畑岡と宮里のツアー1、2勝目を比較
  • 6月の米ツアー「アーカンソー選手権」の練習ラウンドで、畑岡(左)は宮里から多くのアドバイスを受けた(共同)
  • 9番、あわやチップインイーグルかというスーパーショットを放つ畑岡奈紗=宮城・利府GC(撮影・土谷創造)
  • 8番、セカンド地点でいつもの様にジャンプをする畑岡奈紗=宮城・利府GC(撮影・土谷創造)
  • 優勝カップを手ににっこりの畑岡奈紗(左)とベストアマの鶴瀬華月(右)=宮城・利府GC(撮影・土谷創造)
  • 7番、ティーショットを放つ畑岡奈紗=宮城・利府GC(撮影・土谷創造)
  • 7番、バーディーパットを沈めガッツポーズを見せる畑岡奈紗=宮城・利府GC(撮影・土谷創造)
  • 1番、ティーショットを放つ畑岡奈紗=宮城・利府GC(撮影・土谷創造)
  • 1番、ドライバーを手にストレッチをする畑岡奈紗=宮城・利府GC(撮影・土谷創造)
  • 18番、アプローチショットを放つアン・シネ=宮城・利府GC(撮影・土谷創造)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. 畑岡奈紗、藍にもらった助言胸に最年少2勝!「また米で戦う」/国内女子