2017.9.18 05:02

ライバル・クリーマーから藍へ惜別の直筆メッセージ「友情をありがとう」

ライバル・クリーマーから藍へ惜別の直筆メッセージ「友情をありがとう」

特集:
宮里藍
クリーマーが現役を引退するライバルの宮里へメッセージを綴った

クリーマーが現役を引退するライバルの宮里へメッセージを綴った【拡大】

 エビアン選手権最終日(17日、フランス南東部エビアン、エビアン・リゾートGC=6479ヤード、パー71)女子メジャー「全米女子オープン」など米ツアー通算10勝を誇り、宮里藍と長くしのぎを削ってきたポーラ・クリーマー(31)=米国=が、現役最後の試合に臨んだライバルへ、手書きのメッセージを送った。

 今大会でクリーマーは宮里に同伴競技者として指名され第1Rに臨んだが、左手首痛のため13ホールで途中棄権した。それでも快く宮里へメッセージを記した。

 「会うたびに私をハッピーにしてくれて、素晴らしい友人でいてくれて、ありがとう。あなたは多くの人たちの人生への恵みになっている。コースの上でも外でも、今までしてきたことすべてに誇りを持つべきよ」

 「私を良いゴルファーにしてくれて、ありがとう。私を良い人間にもしてくれた。これでお別れじゃない。あなたの人生の次章のために幸運を祈るわ。最後に、友情をありがとう」

 クリーマーは宮里と同様、高校生のときに出場した米ツアー「サイベース・クラシック」で優勝するなど境遇が似ている。親近感があるからこそ、最高のライバルの引退を心から惜しんだ。

リーダーボードへ

  • クリーマーが書いた宮里藍へのメッセージ
  • 現役最後となるエビアン選手権の最終ラウンドを終え、ポーラ・クリーマー選手(左)と涙ながらに話す宮里藍選手=17日、エビアン・リゾートGC(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. ライバル・クリーマーから藍へ惜別の直筆メッセージ「友情をありがとう」