2017.9.17 18:24

POで敗れた時松、勇太に脱帽「悪いなりにまとめる力は、僕より数段上」/国内男子

POで敗れた時松、勇太に脱帽「悪いなりにまとめる力は、僕より数段上」/国内男子

 プレーオフ2ホール目で優勝を決め握手する池田勇太(左)と敗れた時松隆光=札幌GC輪厚

 プレーオフ2ホール目で優勝を決め握手する池田勇太(左)と敗れた時松隆光=札幌GC輪厚【拡大】

 ANAオープン最終日(17日、北海道・札幌GC輪厚C=7063ヤード、パー72)31歳の池田勇太が通算13アンダーの275で並んだ時松隆光、今平周吾とのプレーオフを制し今季2勝目を挙げた。

 プレーオフで敗れて2勝目を逃した時松は「相手が相手とはいえ結構悔しい。ここまで来られたので、あわよくばという気持ちだった」と無念さをにじませた。

 1ホール目は池田よりもピンに近く寄せてバーディー。しかし続くホールではグリーン奥に外し、アプローチも失敗してボギーとなり決着した。「勇太さん(池田)もそんなに(調子は)良くなかったと思う。その中で悪いなりにまとめる力は、僕より数段上だった」と最後は脱帽していた。

リーダーボードへ

  • プレーオフ2ホール目で優勝を決めて万歳する池田勇太。左は引き揚げる時松隆光=札幌GC輪厚
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. POで敗れた時松、勇太に脱帽「悪いなりにまとめる力は、僕より数段上」/国内男子